Migdal

ceta
ceta

投稿

自作語finomimuで好きな歌詞を訳してみる

はじめまして、Cetaです。返信用にアカウントを作ったのですが、記事がひとつもないと寂しいので、自作言語のfinomimuの輪郭を置いておこうと思います。

簡単に本言語を説明すると、本言語は共時的表現に重きを置いた言語で、最終的にすべて名詞になります。あまり厳密な物言いはできません。一人称すら曖昧です。文字も象形文字などの歴史に則った記号ではなく、ニューロンを模した星型の連なりで構成されます。擬音にするならふわふわキラキラした言語です。migdalに乗る語にしては芸術性が強いですね。
詳しくはmediawikiもどきの自サイトをご覧ください。
https://ideoaves.github.io/wiki/finomimu

では好きな曲を訳します。単語数も文法も足りてないですがなんとかなるでしょう、ふわふわした言語なので。

EMPLIME & 星宮とと の Umino Nioiです。サビを訳します。大元の歌詞は曲を聴いてください。

Image description
fiepeasun fepuone
変化していく形の
(動作を表す名詞ですが、翻訳上わかりにくいので動詞のように書いてます。名詞的にするなら「変化中の形状」でしょうか)

zeiscepieslolesunu
追いかけ通し。
(動作が3つつながって一つの動きを表す名詞になっています。-uは体言止めを表しています)

fen esepotesnume
時間 そして酸素
(eseそして が酸素と繋がっています。「時間酸素」で一語にせず、二つを並列にしつつ別の語にしたい時にはこうします)

tocefasezimisoxe les
記憶を消せるような願いの 行い
(les行い のみ別の語になっています。助詞のあと、基本的には別の語に分けますが、一つの語にしたい場合は品詞のあとにくっつけてしまう場合もあります。同音異義に注意です)

feopoefmamon finepiesiluon
浮遊する 大きな魚による

hizeisaenfon nupesneofemasamue
放物線によった 荒く中庸な色で
(「浮遊する〜色」で一語にした場合どことどこが修飾されているのかわからないので、先のルール通り助詞ごとに4つに分けていきます)

fiemimaslisox
塗り足していく様

以上です。世界観が近いので案外語彙が揃っていました、無い単語もこの言語はすぐ抱合してくれるのでうれしいです。
そのうちこの言語で曲でも作りたいなと思っています。

人気順のコメント(0)