Migdal

バスクラ吹き
バスクラ吹き

投稿

ラクシュ共和国について

ラクシュ共和国とは、ラクシュ人を主要民族とする共和制国家である。
首都は内陸部のヴァソ盆地に位置するヴァソ市、最大の都市はオスター都市圏である。

行政区分

都市名 表記 人口 特徴
ソルタル Soltal 1,353 神聖な山とされるソルタル山の麓にある林業の町
ソロトン Solóton 2,481 ソロトン川の浸食作用で生まれた谷底にある鉱業の町
ロト Róto 3,033 鉱業従事者のベッドタウンとなったソロトンの玄関口
モロニー Molonī 3,576 -
テノス Tėnos 4,738 -
ダノテス Danotesu 12,661 ダノテス海峡に位置する水運の要所として栄えた
タミラノト Tamilánotò 12,677 港町として栄えた沿岸の都市
タナトン Tanaton 17,228 タミラノトの川向こうにあるタミラノト都市圏にある都市
ヴァソ Väså 18,047 内陸のヴァソ盆地に位置するラクシュの首都
ヨトース Jotōs 24,488 -
オスター Ostē 48,646 神聖な川とされるオスター川の源流に位置する都市
レテノ Reteno 61,636 -
ラクシュ共和国 Lakš 210,564 -

歴史
険しい山地で隔てられたラクシュには古来より8つの民族が居住していたとされており、それらは1800年までにラクシュ人に置き換わったが、地名などに痕跡が残っている。
1912年に他国の侵攻を受け、併合された。
併合から90年後の2001年2月19日、独立戦争の末、独立を成し遂げた。

国内の地名
Tamilánotò→タミラノト語でtamilá(狭い)+notò(港)
Väså→ヴァソ語でveso(神聖な)

みんなの声(0)