Migdal

plos? es elpe-enpa.

記事の言語版の一覧 他言語版があります
原文(日本語)マクェン語リパライン語

(この記事は 人工言語の概要 / 翻訳案 から翻訳中です)

elpe-enpan, ofsple-jem es alpte-enpas itltom e-slae-insie, itltom e-isie-anlpe-inplom e-enpae-otie-alpomai e-ofpla. olie, elspe an apje-almae-isie-osplom to(elspe-enpa ・ apje-enpa), 秘密を守るため日記や手記で使う、言語の研究・趣味、等の目的のために作られている。言語が自然言語か人工言語かと言った分類は、言語の発展過程の差異に着目して行われる。人工言語の発展過程は計画的である。

計画言語 (planned language) という用語も特に国際補助語を指すときに使われるが、これは人工言語という無機質なものをイメージさせる用語に対抗して使われる。エスペラントの話者が、「エスペラントを人工言語と呼ぶのは、自動車を人工馬と呼ぶのに等しい」と譬えたこともある。

人工言語はしばしば、アプリオリな言語かアポステリオリな言語に分類される。アプリオリな言語は既存の言語(ほとんどの場合、自然言語)に基づかない語彙を持つ言語であり、それに対してアポステリオリな言語はその語彙が1つあるいは複数の既存言語から採られている言語である。しかしながら、どのようであれば既存言語に基づいていないと言えるのかという明確な判断基準が存在しているわけではなく、その境界線がはっきりしているとは言えない。

アポステリオリな言語はさらに、schematic 言語、すなわち計画的に簡単にされ、あるいはたくさんの自然言語をもとにして作られた言語と、naturalistic 言語、すなわち学習時間短縮のために特定の自然言語を元にして作られた言語に分けられる。

From Wikipedia / https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E8%A8%80%E8%AA%9E

みんなの声(0)