Migdal

矛盾と混沌
矛盾と混沌

投稿 • に更新

冗長性を排除!新言語0abc(ルアピトゥ)

qyd! 矛盾と混沌です。この記事は最近考えた言語、0abc語についての解説です。
辞書はこちら
<注意>
"0"と"O"が分かりにくいと思われます。ご注意ください。
また、"-"と"_"はどちらでもOKです。この記事では"-"を使っていきます。

0abcとは

なるべく冗長性を排除した言語です。twitter(Xとも呼ばれる)などの文字数が制限されている環境や、パスワードやユーザーIDなどに使うことを想定して作りました。
文字数の短さでいえば漢字などの表音文字を使う言語にはかないません…(全角文字を半角文字の2倍としてカウントすれば勝てます!)
例文!
"IW-Cm-swwxQ"
/iːpuːɴtuːmaɴsapupunukuː/(ɴは撥音)
「この例文を読めますか?」

文字と発音

この言語の最大の特徴はラテン文字・アラビア数字を音節文字として利用することです。もっともアラビア数字は表意文字も兼ねてますが。

人工言語ボアーボムからインスピレーションを受けました。

★ラテン文字でなくても、
①26文字以上ある
②大文字と小文字が区別できる
③数字と文字が別の形
である文字であれば表記可能。

音素

子音10個、母音5個。

子音

両唇 唇歯 歯茎 後部歯茎 硬口蓋 軟口蓋 声門
破裂音 p t k
鼻音 m n
摩擦音 f s
接近音 (w) l (j)

wとjは母音連続を避けるために挿入されるだけです
有声無声の区別はありません

母音

前舌 中舌 後舌
狭母音 i,iː u,uː
半狭~半広母音 e,eː o,oː
広母音 a,aː

ラテン文字との対応

五十音表風になってます

頭子音無し p t k f s m n l
a段 a p t k f s m n l
i段 i b d g v z e y r
u段 u w c q h j o x 0
e段 1 2 3 4 5 6 7 8 9

注意

・語中・語末で"a"は[wa]、"i"は[wi]、"u"は[ju]、"1"は[we]と発音
・大文字だと長母音

「…待って」

なんでしょうか?

「…o段無くね?」

ちゃんとあります。

数の読み方

' p t k s f m n l
o段 百万 十億 一兆

"1,000"の","の読み方が変わる というイメージです(?)
小数の方は一桁ずつ名前がつけられてます
数字は3桁ごとに区切って読みます。
"0"を読むので、十、百に対応する語はありません。
また、千兆以上や忽以下ははこれらを組み合わせて使います

序数詞は "数字-",基数詞はそのまま数字。


100 /elulu/
1,111 /epowewewe/
240,000,000 /pekelupo/
0.1 /efa/
3.14 /tewekema/
一垓(一兆の一万倍):/eposo/

記号(特殊音素)

記号 読み
- もしくは _ N
-- もしくは __ NN

/-/は日本語の"ん"と同じで、逆行同化する鼻音です。

「" __ "と" _ "の違いが分かりにくいのでは」

読めなくてもその文は「解釈次第では意味が異なる」レベルまでにしか意味は変わりません。

アクセント

語頭の音節におく。


これらを覚えるまで次に進まないことを推奨します。"ラテン文字と数字と記号の羅列"のままだと頭に入ってこないと思われます…

文法

SVOの孤立語、前置修飾。活用は無い。主語は省略不可(仮主語u/zを置くことがある)。

品詞

・名詞はすべて小文字
・固有名詞は"0"で始まり、すべて小文字。
・動詞はすべて大文字
・接辞はすべて大文字
・動詞の連体形は「すべて大文字で"-"で終わる」
・形容詞と副詞は"-"で終わる
・従属接続詞は"0"で始まり、全て大文字で、"-"で終わる

語順

(主語)動詞(目的語)の順です。
主語、目的語は省くことも可能です。
主語は省かないでください。

動詞の活用

コピュラ動詞であり存在動詞でもある"U"は主語の人称・数と、主語が単数の指示代名詞の時は近称/中称・遠称か で屈折します。
※指示代名詞複数形以外は、代名詞を大文字にしただけ

活用は無くしました。コピュラ動詞はUです

修飾

基本は前置修飾で、修飾語はすぐ直後の単語を修飾します。

 修飾の規則

・修飾語と被修飾語の間には普通は"-"を入れます。
・"--"は修飾のまとまりを作る(トキポナのpiと同じイメージ)
・(先行詞)G(関係節)H ※Hは文末で省略可能 という文型をつくることもできます。
・接続副詞以外の副詞は動詞の直前に置きます

動詞接辞

接頭辞 意味
Q- 推量
N(N-) 否定
接尾辞 意味
K(-K) 過去
-R 未来
-C 可能
-S 使役
-V 受身
-N 完了
-G 継続

などなど

名詞接辞

接尾辞 意味
-D 道具「~で」
-P 場所「~で」
-H 共同「~と共に」
-L 起点「~から」
-J 対象「~に」
-IK 場所「~の横に」

形容詞接辞

接尾辞 意味
b-形容詞 L 比較対象 比較級
1形容詞 L 範囲 最上級
v-形容詞 L 比較対象 劣等比較級
1v- 形容詞 L 範囲 劣等最上級

接続詞

(名詞の後ろに置く語)

意味
C 列挙「~も」

(名詞と名詞/動詞と動詞の間に置く語)

意味
H 列挙「~と…」
Q 選択「~か…」
C 列挙「~も…も」
L 範囲「~から…まで」

(文頭もしくは文と文の間に置く語)

意味
0S 順接「~そして…」
0G 逆接「~しかし…」
0J 条件「~ならば…」
0R 理由「~なので…」

命令文や疑問文

文末に何か文字を置くことで表されます。

置く文字 意味
Q 疑問
X 命令
B 感嘆

 挨拶

ufu おはよう
qyd こんにちは
qpf こんばんは
KSi ありがとう
QMi ごめんなさい
cul おやすみなさい
shn さようなら

話法

直接話法:"か'で区切る
間接話法:"g-"+ S V O
例:aIUg-I

例文

不思議の国のアリスの冒頭より

アリスは川辺でおねえさんのよこにすわって、なんにもすることがないのでとても退屈しはじめていました。

を翻訳↓

0arjJAKkfl-Pzt-IK0SuJL-gNUK0RuFZKmz-vm.

発音:luwalisu suːwaːkaː kafalanpaː sitan'wiːkaː lusaː usuːlaːnki naːn'juː luliː ufaːsiːnkaː masin fima.

ひらがな転写:
るわりす すーわーかー かふぁらんぱー したんうぃーかー
るさーん すーらーんき なーゆーかー るりー うふぁーしーんかー ましん ふぃま。

直訳:アリスは川辺で姉の横に座って、そして彼女はすることが無いので、彼女はとても退屈しはじめた。

実は単語は日本語(一部英語)の形を変えて(不規則)作っています。


まとめ

0abc、どうでしたか?

「読みにくかったです!」

そうですね。はい…魅力的だと思ってくれると幸いです。
ぜひ何かに使ってみてくださいね。それじゃ、shn!

人気順のコメント(0)