Migdal

りめすとり
りめすとり

投稿

ʁratsø̄n語の正書法について

はじめに

おはこんばんにちは(死語)。Rhemestryです。最近は忙殺されておりあまり進捗がなく、クソネタツイbotとしての生を受けました。あともう一つ近況と言えばロシア語を始めました。主な理由と言えば家にロシア語を勉強してから読もうと思っているOCSの教科書が眠っているのと、ネッ友(非言語勢)が高校の二外(あるらしいです)で露語を取っているらしいということでしょうか。(昨今の宇露情勢はあまり関係ないです)あと最近オンゲキが金レになりました。ありがとうございます。本当に忙しいんですかねこの人
さて、身の上話もこの程度して本題に移りますが、去年同じ企画に記事を書いていた頃はガラリの真っ最中で、去年の記事は今後の予定めいた内容が主でした。では今年の記事はと言うと……なんとっ!まだガラリが継続しているので依然として包括的な内容の記事が書けません!(ごめんよ!)ですので今回は、今のところ進捗が芳しい、固有文字と正書法に関することを紹介させていただきたいと思います。長尺になるかもしれませんがどうぞお付き合いください。

ʁratsø̄n語について

ソディーガン語族とは?

まず第一に、私が製作している語族であり、今回話題になっているʁratsø̄n語(以下岑語と表記します)を含んでいるソディーガン語族についてお話したいと思います。一部の読者の方は「スヮドゥン語族なら名前は知ってるけどソディーガン語族って何?」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、この二つは同じもので名称を変更しただけですのでご了承ください。ソディーガン語族は架空の半島、ソディーガン半島及びソディーガン半島と大陸を隔てる[名称未定]山脈の北部の一部地域で話されている言語からなる語族です。通語族的な特徴と言えば、接中辞の存在やそれぞれの品詞の区別が曖昧なことでしょうか。

岑語とは?

岑語は[名称未定]冊封国連邦の都、[名称未定]及びその近郊で話されている言語です。[名称未定]冊封国連邦の中心的地位を占める[名称未定]帝国の国語たる岑語はソディーガン半島全体に影響力を持ちますが、国語教育が行き届いておらず、またあくまでも連邦制であり本邦と同程度正統であるとされる[名称未定]帝国及び両帝国の冊封国ではそれぞれの公用語が日常的に用いられていることもあり、ソディーガン半島の言語多様性はある程度保たれています。岑語は西ソディーガン諸語に属し、他の西ソディーガン諸語の言語と一人称複数の包括形/除外系の区別の存在やロータシズムの経験などの共通点を持ちます。また、岑語を含めた[名称未定]諸語は比較的たくさんの格を持つことや名詞クラスが存在すること(生物/非生物)に於いて特徴的です。

固有文字について

この文字はラテン文字に比べ比較的複雑な曲線で構成されていることが特徴の人工文字です。知人にはデーヴァナーガリーに似てるだのアラビア文字に似てるだの言われました。仕組みの上ではアラビア文字に類似しており、またキリル文字の軟母音字と硬母音字の区別のようなものが子音に存在します。
今からは実際に、この文字に含まれる33個の通常の文字と5個の特殊文字、そして5個の注釈記号を紹介していきたいと思います。

通常の文字

口音平類

以下の5つの文字が属します。
labial_1
(左からp, b, f, v₁, m)
b, v₁は語末の子音字クラスタの中ではp, fと同じように発音されます。

口介音

v₂のみが属します。
labial_2

舌音平類

以下の8つの文字が含まれます。
dental_1
(左からt₁, d₁, s₁, z₁, n₁)

dental_2
(左からrの単独形, 上置形, 下置形, ɾ₁, l)
d₁, z₁は語末の子音クラスタの中ではt, sと同じように発音されます。

舌介音

jのみが属します。

Image description
jは単独で/j/の音を表すだけでなく、他の文字と組合わさって別の音を作ります。具体的には、/tj, dj, sj, zj, (lj)/は[tʃ, dʒ, ʃ, ʒ, j]と発音されます。

舌音口類

以下の5つの文字が属します。

Image description
(左からt₂の単独形, 下置形, d₂, s₂の単独形, 下置形, z₂, ɾ₂)
d₂, z₂は語末の子音クラスタの中ではt, sと同じように発音されます。

舌音舌類

以下の4つの文字が属します。

Image description
(左からs₃の単独形, 下置形, z₃, n₂, ɾ₃)
z₃は語末の子音クラスタの中ではsと同じように発音されます。

歯音

以下の2つの文字が属します。

Image description
(左からts, dzの単独形, 下置形)
歯音は全て舌類です。dzは語末の子音クラスタの中ではtsと同じように発音されます。

牙音平類

以下の3つの文字が属します。

Image description
(左からk₁, g₁, ʁ₁の単独形, 上置形, 下置形)
g₁, ʁ₁は語末の子音クラスタの中ではk, hと同じように発音されます。

牙音口類

以下の3つの文字が属します。

Image description
(左からk₂の単独形, 上置形, 下置形, g₂, ʁ₂)
g₂, ʁ₂は語末の子音クラスタの中ではk, hと同じように発音されます。

喉音

hのみが属します。

Image description
(左からhの単独形, 下置形)

特殊文字

無子音文字(H₁)

Image description
この文字は子音がないこと(あるいは、∅という子音)を表し、母音から始まる語の語頭や二重母音の存在する位置に現れます。

Image description
(toim '誰')

長母音文字(H₂)

Image description
この文字は直前の文字が表す子音に後続する母音が長母音であることを表します。また、語末にアクセントのない母音が存在する場合にも置かれます。

Image description
(nē '私が')

口長母音文字(H₃)

Image description
この文字は直前の文字が表す子音に後続する母音が長ウムラウト母音であることを表します。また、語末にアクセントのないウムラウト母音が存在する場合にも置かれます。

Image description
(ʁratsø̄n 'グラツェーン(地名)')

主格文字(e)

Image description
(左から単独形, 下置形)
この文字は語が不活動体主格語尾の -e を伴っているとき、語末に長母音文字の代わりに置かれます。

Image description
(nebøtve '猫が')
また、一部の単語で例外的に用いられます。

Image description
(en '人間')

否定文字(v₃)

Image description
この文字は否定を表す形態素の /(ʁ)v/ を表すのに用いられます。

Image description
(kvønvenel '私は欲しない')
また、一部の単語で例外的に用いられます。

Image description
(fil 'いいえ')

文字の配置

文字は左から右に配置されます。しかしながら、一階建ての文字(p, t₂, m, n₁, l, v₃)や一階建てになれる文字(k₂, s₂, s₃, r, ʁ₁, v₂, H₁, e)同士が連続した場合、左のものが上に、右のものが下に配置されます。この規則が適用されないとき一階建ての文字は下段に書かれます。ただし、この規則は語の境界を越えては適用されません。
Image description
(否定文字の項のもの。k₂n₁v₃n₁l)

注釈記号

注釈記号はアラビア文字のシャクルのようなもので、読み手が字を読むのに慣れていないと判断されるような場合に付け加えられる補助的な記号です。
注釈記号の本来の目的は名詞/動詞がどう屈折するかを示すことにありますが、本来表記されない母音を明示する役割も兼ねています。
この節の内容はガラリによって変更されることが決定されているので画像は省略します。

母音記号

記号なし

注釈記号が付け加えられていない場合、その母音は活用で変化しないか、脱落することを表しており、原則的には/a/を補って読みます。しかし、口類子音字を含む子音群には/o/を補い、舌類子音字を含む子音群には/e/を補います。

e/o記号

e/o記号は先行する子音に、音節にアクセントがある場合には/e/、ない場合には/o/を補うことを表しています。

i/e記号

i/e記号は先行する子音に、音節にアクセントがある場合には/i/、ない場合には/e/を補うことを表しています。また、口類子音に後続する母音場合、母音の前に/v/が挿入されます。

u/o記号

u/o記号は先行する子音に、音節にアクセントがある場合には/u/、ない場合には/o/を補うことを表しています。

口類母音について

口類字(n₂を除いた右下に₂が付く字)に先行する/a/, /e/, /i/は/o/, /ø/, /y/に変化します。

その他の記号

無母音記号

無母音記号はアラビア文字のスクーンに相当するもので、先行する子音に母音が後続しないことを表します。

二重子音記号

二重子音記号はアラビア文字のシャッダに相当するもので、子音が二重化されていることを表します。

記号の配置

記号は基本的に文字の下側に置かれますが、文字が縦組みで配置されている場合、上段の文字に対する注釈記号は上側に置かれます。

合字

janlリガチャ

Image description
この字は j と H₂ の合字です。

hetリガチャ

Image description
この字は h と t₁ の合字です。動詞につく接尾辞の-(h)etを表記するときには、h が発音するかどうかに拘わらず常にこの字を用いて表記されます。(近年ではこの習慣に由来して、常に-hetと発音する綴り字発音も見られます。)

二重tōリガチャ

Image description
この字は重なった t₂ の合字です。

逆転tōリガチャ

Image description
(s₃t₂。これは逆転tōリガチャの一例である。)
前の字の筆画が下の段で終わり、またそれが左下から右上に向かうようなものであった場合、このようにひっくり返したような形で t₂ を書かれます。

fātoリガチャ

Image description
(ft₂。これは逆転fātoリガチャの一例である。)
前の字の筆画が下の段から上の段に右上に払う形で終わり、それに上置形のt₂が続くとき、このように続けて書かれます。

二重fāリガチャ

Image description
(ff。これは二重fāリガチャの一例である。二個目のfの字形に注目せよ。)
前の字の筆画が下の段から上の段に右上に払う形で終わり、それにfが続くとき、このように形が変形されます。

二重nāリガチャ

Image description
上段または下段にn₁が連続するとき、このように書かれます。

今後の発展

まず、先にも述べた通り、岑語の母音構造を大きく変える予定ですので、それに対応して注釈記号回りは大きく変わると思います。

また、これらの文字をより簡略化した別の書体を作る予定もあります。下はその書体で書かれたテキストの例です。
Image description
(k₁rH₂mk₁ht₁?)

また、上の例にも ? が用いられていますが、約物も作りたいなと思っています。新しい注釈記号や約物も含めて全て完成したときにはまた改めて記事を投稿すると思うので良ければチェックしてみてください。

蛇足

ところでっ!この記事の投稿日12/25といえばどんなイベントがあるでしょうか……




















そう!




















283プロダクション所属アイドルの大崎甘奈さん大崎甜花さんの誕生日ですよね!!!!!!!!!!!!!!クリスマスとか知るか

Image description
女の子っぽい方がなーちゃんで中性的な方が甜花ちゃんです。(譲れないこだわり)(左がなーちゃんで右が甜花ちゃんです)

甘甜はいいぞ

なーちゃんが甜花ちゃんの身辺の世話をしてやっているという設定が有名かと思われますが、これも単に甜花ちゃんが(生活能力に乏しいのは事実だとしても)幼稚だからという訳ではないと思うんですよね。確かに、甜花ちゃんはなーちゃんに比べると器用な方ではないですし、確実に口下手なので発言だけ切り取ってみれば幼い印象を受けるものの、実際には年相応に精神的に成熟している印象を受けますし、頑張らないといけない時には頑張れる子ですしね。あれはなーちゃんが甜花ちゃんのお世話をしたいのを、甜花ちゃんが子供扱いされていると憤慨するでもなしにそういうものと受け入れているからこそだと思うんですよ。端的に言えば、甜花ちゃんはなーちゃんの献身を「受け入れてあげている」面と「それに甘んじている」面の両方があると思うんですね。

そして、本当の意味で相手がいないと生きていけないのはなーちゃんの方です。それほどなーちゃんの精神的依存は強い。(cf. 完録、クエストロメリア! ~サイコロ編~ 第3, 4話)ここからは私の憶測ですが、これはおそらく、親が転勤族らしいので、友人との別れを数多く経験していくなかで、常に自分のとなりにいる甜花ちゃんに格別の愛情を抱くようになったんじゃないかなぁと思ったりもします。こう考えるとなーちゃん(含め283関係者)以外あんまり友達とかいなさそうな甜花ちゃんが寧ろ精神的に独立してるのもなんか納得がいく気もしますし。

かと言って別になーちゃんが一方通行の感情を抱いているというわけではなく、これは幼少期のエピソードではあるのですが、当時二人が好きだったキャラクター(デビ太郎なのですが)のぬいぐるみが家に来た時に、最初のうちはぬいぐるみと楽しく遊んでいたものの、しばらくするとなーちゃんに対する独占欲からぬいぐるみに嫉妬し始め、結局不貞腐れてぬいぐるみ自体をなーちゃんにあげちゃうとかいう割とパンチの強いエピソードもあったりします。逆になーちゃんは甜花ちゃんに大きく精神的に依存している割には独占欲があまりないように見えますね。(アイドル活動を始めた理由も甜花ちゃんの可愛さを世界に届けたいからみたいなので……)それに対して甜花ちゃんは無意識的になーちゃんは自分のものだと思ってそうです。

この、双子だから親密というだけでは片付けきれない二人の絶妙な距離感が私は好きです。

布教もこのあたりに、皆さん、改めて、メリークリスマス!ご清覧ありがとうございました!

人気順のコメント(5)

たたむ
 
slaimsan profile image
スライムさん

甜花はいいぞ。

たたむ
 
tsarhfis profile image
りめすとり Author

甘奈もいいぞ。

たたむ
 
niftg profile image
にふ 修正

はたから見ると甜花さんの女の子ぽさも別ベクトルで突出してる気がするのですが、りめすとりさんの女の子観が垣間見えたので良きです

スレッド スレッド
 
tsarhfis profile image
りめすとり Author 修正

なんか、説明しにくいんですが、甜花ちゃんって表情豊かな時は結構女の子感出てくるのに対してふとする表情とか仕草は女の子というよりかは女の子っぽい男の子寄りなんですよね

Image description
Image description
(参考画像)

まぁしかし「はたから見ると」というご意見も正しくて、この「甜花ちゃんは中性的だ」という認識自体甘甜オタクらによってマッチポンプ的に再生産され続けている感もありますし(二次創作の影響が強いということ)

スレッド スレッド
 
niftg profile image
にふ

なるほどスチルだと別の表情が顔を出すわけですね👌