Migdal

スヮドゥン語族たん
スヮドゥン語族たん

投稿 • に更新

スヮドゥン語族における時制, 相, 法構造の発達

このコラムは書きかけです

祖語に再建できる形態的な時制, 相, 法は完了相のみである。しかし、スヮドゥン語族の諸言語は独自に時制, 相, 法を発達させてきた。

  1. 指示副詞を使うもの
    「これ」や「あれ」は基本的に目に見える範囲のものを指す。そこから「これ」には進行相的な意味合いが、また「あれ」には確定的過去の意味合いが足された。

  2. 動詞が後置されるもの
    動詞に「去る」を膠着し過去を、「行く」を膠着し未来を表す。

  3. 位置副詞を使うもの
    「前方にある」が未来、「後方にある」が過去を表す。

みんなの声(0)