Migdal

あづまにゃん@SCJ
あづまにゃん@SCJ

投稿

日本語の未来と辞書(一)

 割と人工言語や創作世界と言ったことを語らず、単純に言語学のことを割と広く多く書くつもり私は、いつMigdalからBANされるか戦々恐々としてをります。

 さて、皆様は辞書を当然つかってゐるはず、若しくは持ってゐるはずですが、辞書が完全に正しいとは限りません。飽く迄も、言語は話者によって定められてゆくものであり、辞書はそれらで定められた単語を言語化して紹介してゐるに過ぎないし、それを超えてはいけないのです。

 ですが、この世には辞書の言だけを信じ、愚かにもそれによるはちゃめちゃな理論を振りかざす人種が居ります(それも含めて、言語でせうか)。更に、辞書を読解する力が不足してを、解釈間違ひをする者も居ります。実に愚かです。
 又、辞書編纂者は常に賢く在らねばならぬといふのに、その様な者に振り回され、辞書の記述を実態とはかけ離れた書き方をしてしまふことがあります。実に愚かです。

 辞書は、「誤用」と簡単に決めつけてよいものではありません。誤用に強い辞書と売り出したいのなら勝手にどうぞですが、慎重に。迷惑を被るは我々ですので。
 例へば「性癖」といふ語があります。
 意味は、

性質上のかたより。くせ。

 ——『広辞苑 第七版』

性質の片寄り。くせ。

 ——『大辞林 第四版』

その人の行動・態度などに表われる、性質上のかたより・くせ。

 ——『新明解国語辞典 第八版』

 出典は多い方がよいので、三つ挙げた。

 つまり、「性癖」とは「癖(広い意味で・性質の・生まれつきの)」なのである。

 しかし、近年問題にされてゐるのは、「性癖」の性的嗜好的な意味である。
 「変な性癖の持ち主」と聞いて、皆はどんな変態なのであらうか、と想像するだらうか?  それとも、ただ単にどんな癖か気になる程度であらうか?
 この字の原来の意味は上の通りであるのだが、「性」といふ字には、性的なものである、といった意もある。故に、性的な癖、即ち、性的嗜好の意で用ゐられるのである。

 本題はここからなのだが、それを誤用とする勢力が一定数居る。
 しかし、本當にそれは誤用なのであらうか? 

 この論を展開するに当たって、「誤用」を辞書で引いてみる。

あやまって用いること。用法をあやまること。

 ——『広辞苑 第七版』

 先づ分かるのが、単に癖の意で「性癖」を「性的な癖」と解するのは誤用ではなく、只の書き手と受け手の語の解釈の大きな違ひである(用ゐてゐない為)。

 次に、その「性(質の)癖」を「性(的な)癖」として用ゐた場合である。焦点である。

 逐一、上に示した例を参考にしてほしいのだが、例へば「ロリコンであることは一種の癖(広い意味)である!」と言はれたとき、あなたは同意できるだらうか? 因みに、この「癖」は原来の意の「性癖」の置き換へである。故に、意味は広くなる。

 原来の「性癖」は性質のかたよりであったりで、つまり性愛の対象が少女(ロリ)であったりするといふ性質のかたよりである。よって答へは、その意での性癖は正しいのである、となる。故に、これは誤用ではないのだ。

 では、ここから発展し、性癖単体で特に性的嗜好を示す様になった、としたら、それは誤用だらうか? 一つ注意すべきが、意味が変化してゐるので誤用、と簡単に決め付けることである。それは、実に愚かで、今までの言葉は変化しながら——意味が広く、或は、狭くなって——現在、に至ってをり、変化してゐない語はないだらう。上代日本語で電子機器を意味する語がないのに、上代日本語を使へといふ様なものである。

 これは私の答へなのであるが、誤用でない、である。何故ならば、誰を好きになるか、或は、どんなことに性的興奮を覚えるか、といふのは、原来の意での性癖に入り、その上で、性の字に意味を加へてゐるからである。

 ただ、このままでは二つの性癖に於いて意味が通じなくなるので、性の字に新たな意を加へたものは、「特に」だとか❷の記述などで書くとして、元の意に則った意味の変化と捉へて、辞書に記述をするべきなのである。

 さて、性の字に意味を加へてゐること。あなたは、さうすることを「誤用」と思ひますか? それとも、「意味の変化」と捉へますか? 元の意が残ってゐるのに、誤用とは言ひ辛いと思ふのですが、どうでせうか?

 実際、誤った意では使ってはをりません。意味が広く使はれる、狭く使はれる、といったことは現実でもよく起こってゐますし、なんなら、辞書に「広義には」「狭義には」と書かれることもあります。結局、その一種であると考へるべきであり、少なくとも誤用と示すのは良くないのです。

 確かに、誤用ではない、語の誤り的な用法、といふ語があれば、肯定しますが、決して誤用ではないのです。

 「誤用」と決め付けると何が起るか。それは、「あらゆる性質のかたよりや癖は性癖だけど、性的なことのくせは性癖ではないのか!」となります。言ひ換へれば、「あらゆる性質のかたよりや癖は性癖だけど、性的な性癖は性癖ではないのか!」です。「(性的な)性癖は性癖ではない!」です。

 これは、某大手インターネット国語辞典に起きてゐたことです。今は、改善されてをる点もあります。

 長くなったし、私も何を伝へたいのかわからなくなってきたので、次回は、読者的視点で第二回を書きます。

みんなの声(0)