Migdal

Cover image for CL-KIITAについて

CL-KIITAについて

CL-KIITA(正式名称:人工言語知識情報・情報技術事業体)は 人工言語界隈情報関連事業のための共同団体です(特定コミュニティ専属ではありません)。

CL-KIITAは、その持ち得る知識情報情報技術によって、人工言語界隈の発展をサポートします

Migdalなどの交流サイトや、ZpDICKrabluuxなどの辞書システム、Zatlinなどの語彙生成システムをはじめとする、人工言語のための情報システムの開発をしており、またCLAコードCSCコードなどのコード附与、CLaKISなどの規格の策定などを行っています。

分野

CL-KIITAは主に以下の分野について扱っています。

《知識情報分野》

  • 人工言語コード
  • 人工文字体系コード
  • 人工言語分類
  • 人工言語符号化文字コード
  • 人工言語フォント
  • 人工言語記述形式
  • 人工言語形式文法

《情報技術分野》

  • 辞書システム
  • 語彙生成システム
  • 製作者間コミュニケーション支援システム
  • 言語制作支援ツール
  • その他人工言語に関する各種ソフトウェア

部門

CL-KIITA内に置かれる部門と、その扱う具体的内容は次の通りです。

  • 各種コード類部門
    • 人工言語コード、人工文字体系コード、符号化文字コード、フォントなど
  • 言語知識集積部門
    • りんご文、規範文典、言語分類、記述形式、形式文法など
  • 辞書システム部門
    • ZpDIC、Krabluuxなど
  • 交流システム部門
    • Migdalなど
  • 支援システム部門
    • Zatlin、CroisterdReactなど
  • 標準規格部門
    • CLaKIS、BERNなど

メンバ募集

技術メンバ

  • 職務内容:システムの仕様や設計の作成、ソフトウェアプログラムの実装
  • 要求技能:
    • 仕様系:対象ソフトウェアの構成に関する知識技能
    • 実装系:Dart、Rust、Ruby(、TypeScript、Java)のうちどれか1以上
    • 美術系:ベクタ画像や動画、3Dモデルなどの作成技術

知識メンバ

  • 職務内容:言語知識集積部門や標準規格部門において、知識を調査収集・整理検討・文書作成を行う

事務メンバ

  • 職務内容:会計や総務、管理などの各種事務

みんなの声(0)