Migdal

ケレス
ケレス

投稿

バシュマク語について。

バシュマク語(bhashmakuti sogomuda)とは、へギアスト帝国(xegiastoti taxanyda)の西部(イグニス(ignisu)州、ポラシャド(ponashado)州(東部のみ)、モクユヌダ(mokujunuda)州)に居住するバシュマク人によって話される言語である。
バシュマク語はタング・デデス語族に属する言語で、屈折語(古語は膠着語)的な性質を示す。基本語順はSVO/AN/GNである。
名詞は、男性名詞、中性名詞、女性名詞の三つの性を持つ。
外来語はヘギアスト帝国の公用語、ノーゴト語からの借用語が多い。

バシュマク人は主にクス教から分離した宗教イェクサダヌ教を信仰する。度重なる宗教戦争によって彼らの土地は焼かれ、ついに東のヘギアスト帝国によって征服された。
イェクサダヌ教は単一神教であり、創造の神「ユ」と維持の神「グアザ」と破壊の神「ケザ」で一神となる「クス」を信仰する。クス教とはこの三神一体についての教義の違いにより、相互破門した。

バシュマク語圏地図

Image description

バシュマク語音素(子音)

両唇 歯茎 後部歯茎 硬口蓋 軟口蓋
破裂 p/b t/d k/g
m n ng
摩擦 ph/bh s/z sh/zh x/gh
接近 j

バシュマク語母音調音位置

Image description

ラテン文字の使用妥当性について
バシュマク語アカデミーは、バシュマク語の筆記についてラテン文字を使用することに疑問を投げかけた。自然言語、人工言語問わずバシュマク語の筆記に最適な文字を調査するために、この場を借りて意見を募りたい。

バシュマク語辞書
https://zpdic.ziphil.com/dictionary/1962

人気順のコメント(0)