Migdal

Sarah Weaver
Sarah Weaver

投稿

Differences Of Negation 否定の違い

Before I go further, I must highlight the differences in negation forms that make it distinct from standard French:

French Nouns

French nouns are generally negated by the word ne noun pas, or just a noun followed by pas in spoken French.

This language, the spelling of the word itself is modified to include the negative, and thus French negation is redudant.

Ex. Chatte, Nechatte or Chattapas.

Japanese Negation

Formal Japanese allows you to change the spelling of a word to indicate a negative, but for the purposes of this creole language, I decided to take a different approach.

Japanese words will be negated by the term Na, with their spelling adjusted to include this word. All sentence based negative is thus rendered as a double negative. That word is Na:

Ex. Tsuname, Natsuname.

Hybrid Negation

This is a form that is meant mainly for compound nouns, or noun-verb compounds that originated from French and Japanese. Tsunami is a frequent example used.

Creole negation uses its own negation clause. Nix is actually used in English as well, but it may cause a spelling nightmare as negation here is implemented into the word itself.

Ex. Cochon Tsunami.

Or, "C’est nix cochon tsunami."

Translated
先に進む前に、標準のフランス語とは異なる否定形式の違いを強調する必要があります。

フランス語名詞
フランス語の名詞は、通常、ne noun pasという単語、またはフランス語で話されている名詞の後にpasが続く単語によって否定されます。

この言語、単語自体のスペルは否定を含むように変更されているため、フランス語の否定は冗長です。

元。チャッテ、ネシャッテ

日本の否定
正式な日本語では、ネガティブを示すために単語のスペルを変更できますが、このクレオール言語の目的のために、私は別のアプローチを取ることにしました。

日本語の単語はNaという用語で否定され、この単語を含むようにスペルが調整されます。したがって、すべての文ベースの否定は二重否定としてレンダリングされます。その言葉はNaです:

元。ツナメ、ナツナメ。

ハイブリッド否定
これは、主に複合名詞、またはフランス語と日本語に由来する名詞と動詞の複合語を対象とした形式です。津波はよく使われる例です。

クレオール否定は、独自の否定句を使用します。 Nixは実際には英語でも使用されていますが、ここでの否定が単語自体に実装されているため、スペルの悪夢を引き起こす可能性があります。

元。コチョン津波。

または、「C’estnixcochontsunami」。

みんなの声(0)