Migdal

フィユス
フィユス

投稿

『不思議の国のアリス』冒頭・フェルヴェザニ語訳

Hanovyja. Ja a ky cu Fijus'.
(こんばんは。フィユスです。)

運営のA.I.氏によって(2年前に)お題として出されていた『不思議の国のアリス』冒頭ですが、フェルヴェザニ語の文法を完成させるために翻訳済みでありました。
 基礎的な事項すらまだ解説記事を書いていないので解説は割愛します。いつか帰ってきます。
※A.I.氏の提示した以下の日本語訳文と、私が訳した際に用いた訳文は訳者が異なるのでちょっとニュアンスに違いが出てしまうかもしれませんがご了承を。

【日本語】『不思議の国のアリス』
アリスは川辺でおねえさんのよこにすわって、なんにもすることがないのでとても退屈しはじめていました。一、二回はおねえさんの読んでいる本をのぞいてみたけれど、そこには絵も会話もないのです。「絵や会話のない本なんて、なんの役にもたたないじゃないの」とアリスは思いました。

そこでアリスは、頭のなかで、ひなぎくのくさりをつくったら楽しいだろうけれど、起きあがってひなぎくをつむのもめんどくさいし、どうしようかと考えていました(といっても、昼間で暑いし、とってもねむくて頭もまわらなかったので、これもたいへんだったのですが)。そこへいきなり、ピンクの目をした白うさぎが近くを走ってきたのです。

それだけなら、そんなにめずらしいことでもありませんでした。さらにアリスとしては、そのうさぎが「どうしよう! どうしよう! ちこくしちゃうぞ!」とつぶやくのを聞いたときも、それがそんなにへんてこだとは思いませんでした(あとから考えてみたら、これも不思議に思うべきだったのですけれど、でもこのときには、それがごく自然なことに思えたのです)。でもそのうさぎがほんとうに、チョッキのポケットから懐中時計をとりだしてそれをながめ、そしてまたあわててかけだしたとき、アリスもとびあがりました。というのも、チョッキのポケットなんかがあるうさぎはこれまで見たことがないし、そこからとりだす時計をもっているうさぎなんかも見たことないぞ、というのに急に気がついたからです。そこで、興味しんしんになったアリスは、うさぎのあとを追っかけて野原をよこぎって、それがしげみの下の、おっきなうさぎの穴にとびこむのを、ぎりぎりのところで見つけました。

次の瞬間に、アリスもそのあとを追っかけてとびこみました。

(『不思議の国のアリス』ルイス・キャロル著、山形浩生訳、1999年)

【フェルヴェザニ語】『Alis fis Neldyfi Culamy』
 Zi sonaca meu Alis zivi sogodyzi zivi filaimi fis m'adiba, h'ofui zi fineka hof meu n'af ne kalapolis, mink zi ja meu n'af cu nymalhi fanz'oira. Zi kanipi, nyzin wolimisid meu n'af ne wenh'odo ima wint minosid meu m'adiba, h'ofui zi fineka hof bo ha wenh'odo ne jamil tan ez'out. Zi wamolof meu Alis ne “Nim'and fineka bo la wenh'odo ne kolzylen loime ifita?” “Fineka hof bo la wenh'odo ne jamil tan ez'out.”

 Mink zi visinize meu n'af ima widagilof ada fijanka (pinidalah'a zikintolas. Laviwa zi ja bo hadyla cu difaga, zi ja meu n'af cu h'ank meiwy, zi nobian'a meu n'af). Ja bo fija ima h'anoi meu n'af bo owain fis Deizy cu pantalen, h'ofui ja bo fija ima olstif mink x'ajapin ada Deizy cu banxagui. Mink zi alie flozalof tox pycalia ima zi fineka tox loa ada ravien cagae pos firaimi n'af.

 Zi ja bo tena cu alme neldyfi, palvos wamolof hof meu Alis ne ima esilof tox pycalia ne esilag cu unifa. “X'alavif! Ela ja a ky cu moband!” (Zi fendia wamolof meu n'af ne ima ja bo la fija cu unifa, s'efe zi wamolof meu n'af ne ima ja bo la fija cu h'ank fonyva.) Zi xavarid tox pycalia ne sifqazaki jon honfui fis nix'i, zi myfon ne tena, mink zi cante visinize ima zofloin, zi visinize ima flozalof meu n'af. Laviwa zi wamolof meu n'af ne ima zi kozta myfon hof ne pycalia ima zi valpanize tox loa ne nix'i, tan ne sifqazaki ima zi h'elanid jon honfui. Xala fajazikin, zi suhalaid meu n'af ne pycalia, zi sozoifas ne fazalamy. Kidihy zi hogan souxalof meu n'af ne ima zi myfon ne ima zi hovoix'anid tox loa pos dolf bondig x'olf x'isak.

 Solopy zi ivigolof meu Alis bo pycalia, tan zi hovoix'anid.

補足
 Aliceはフェルヴェザニ語だとアリキェなのでAlisと呼んでいます。

人気順のコメント(0)