Migdal

Cover image for コメントに応じて変化する言語
ンソピハ Öphëtqa言語&世界(仮称) へ執筆

投稿 • に更新

コメントに応じて変化する言語

みなさんのコメントに応じて、言語が変化していきます!

(この記事は、「コメントに応じて変化するプロジェクト」に属する企画です。その言語の話されている世界については、「コメントに応じて変化する世界」もご覧ください!)

ルール

  • コメントはどんな内容でもOK。
  • 複数回コメントしてもOK。
  • このページは毎日最低1回更新します。
  • 採用済みのコメントには私がいいねを付けます。
  • 同じプロジェクトに属する記事のコメントで、この企画の管轄範囲について言及がなされていた場合は、それも記事に反映します。
  • この欄より下の全ての項目は、コメントをすることで変更できます。

言語名

「øpʰɜt'a語」と言います。
「øpʰɜt'a」という名称はøpʰɜt'a語で「共に伝えること」という意味の名詞句に由来します。
øpʰɜt'a語には「外来でない固有名詞は必ず2音節以内に収まる」という制約がありますが、「øpʰɜt'a」という名称は3音節で構成されています。このことを説明する案として、以下の説があります。

一つ目の説によれば、「øpʰɜt'a」は、/∅ɜt’a/(「言うこと、伝えること」の意)に接頭辞/∅øpʰ/を付けた形です。この接頭辞は「今ここのウチの人らマーカー」と呼ばれます。

二つ目の説によれば、「ø」または「øp」が「共に」、「pʰet'」が「伝える」、-aが「すること」という意味だとされます。

øpʰɜt'a語の方言について

この記事に記載されている主な変種は、どうやら標準語のようです。以下では、特に断りがなければ標準語について述べます。

標準語のほかにも、非統制の共通語がいくつかあると推測されています。また宮廷&官僚語、及び民衆語もあります。

全世界におけるøpʰɜt'a語の統制機関には??????(和訳:øpʰɜt'a国際科学財団言語アカデミー; 英訳: Academy of Language Studies, Øpʰɜt'a International Science Foundation)があります。????連合帝国内の同統制機関の名称は、??????????(和訳: 国語理事会øpʰɜt'a言語委員会; 英訳: Øpʰɜt'a Language Commission, Board of National Languages)及び??????(和訳: øpʰɜt'a国立連合大学øpʰɜt'a語研究所; 英訳: Institute of the Øpʰɜt'a Language, Øpʰɜt'a National Union of Universities)です。

øpʰɜt'a語の発音

音節構造

øpʰɜt'a語の音節構造は(C)C(X)V(V)(C)。なお、Cは子音、Vは母音、Xは半母音をそれぞれ表し、括弧はその出現が任意であることを示します。括弧でくくられていない子音・母音(義務子音・義務母音)でも、一方はゼロ子音・ゼロ母音になることができます。ゼロ子音・ゼロ母音とは、形態音韻論上はそこに子音・母音があるように振る舞うのに、実際には発音されない音のことです。

なお、øpʰɜt'a語学では、ゼロ子音・ゼロ母音を/∅/で表します。前述の[ʌ]を表す発音記号/ø/とまぎらわしいですが、ほんの少し見た目が違いますね!()

音節形成には一つ以上の共鳴音が必要です。

任意出現の部分((C), (V)など)に現れる音素には制約があります。

半母音Xになれるのは/β̞/と/ɥ/の2音のみであり、この2音がCの位置を占めることはありません。

また、帯気破裂音・放出音・破擦音は子音連続に準じて、C二つ分として扱われるとする仮説もあります。ただし、その説においても、語末の破擦音はC一つ分になります。

母音

øpʰɜt'a語の母音音素は八つあります。(ただし、方言によっては、さらに/ɪ̈/と/ɯ̽/が加わって10母音となります。また、広~半広母音が弁別的に鼻母音化する方言もあります。)

下のチャートが、øpʰɜt'a語の母音目録です。左側が非円唇音、右側が円唇音を表します。

Image description

øpʰɜt'a語学の発音記号では、非円唇後舌半広母音[ʌ]を記号/ø/で表記することにご注意ください。
それ以外の記号は、国際音声記号と同様の発音です。

音節内において母音は、聞こえ度の高いものが1番目に来ることが多く、逆転することは少ないです。基本8母音中で任意母音となることができるのは/a, ɜ, ø, o, i/の5種しかありません。

子音

一方、子音音素は35個確認されています。

Image description

チャートに記載されているもののほかに、二重調音として、/ɡ͡b/, /w/, /ɥ/があります。

また/β̞/は、ダイアクリティカルマークを省略して/β/と表記されることもあります。

/β̞/と/ɥ/は半母音(略号:X)と呼ばれ、øpʰɜt'a語の音節構造において他の子音とは明確に区別されます。

第1の任意子音になれるのは、震え音、弾き音、鼻音、破擦音、帯気音及び放出音のみです。第1の任意子音が存在する場合、聞こえ度が逆転することが少なからずあり、義務子音は阻害音になることが多いです。

/ʔ/は、語頭音素及び語頭音節主子音としては出現しないとする研究があります。この研究によると、/ʔ/が他の音素と混同されることはないそうです。

他の子音の直後にある/v/と/β/は、一部の状況下では自由異音になるとする仮説があります。

接辞の付加によって母音が3つ連続した場合は、接辞と語基の間に声門破裂音/ʔ/を挿入します。

子音の長短は弁別的ですが、音韻論上は子音連続として扱われます。語頭においても、少なくとも/r/は長子音が確認されています。
/rrɥyyr/(不定人称)

過去には次のような子音体系が報告されたこともありました。これはもしかすると別の方言の記録だったのかもしれません。

Image description

アクセント

この言語では、アクセントによる弁別はされません。

音節数制限

øpʰɜt'a語の音節構造には制限があります。外来の固有名詞を除き、語の音節数は基本的に3音節以内なのです。(ただし、一部4音節を上限とするものもあり。)
外来語であっても、固有名詞でなければ、3音節以内に収める必要があります。
ちなみに、外来でない固有名詞(øpʰɜt'a語に基づいて名付けられた人名や都市名など)もまた、基本的には3音節以内に収まっています。
ただし、接辞が付く場合や複合語、畳語である場合は、この音節数制約から除外されます。

一部地域では上限の音節が2音節になっています。語源不明だった標準語の3、4音節語についても、ある程度は2音節以下の形態素に還元できることが比較研究によって判明しているそうです。
3音節以上の語源不明語は、一度2音節以下になった語からなる複合語とみられており、今後の研究が待たれます。

これまでは、標準語においても上限の音節が2音節とされていましたが、これはのちの研究で誤りとされました。
これについて、øpʰɜt'a語の話される????連合帝国の伝説にその起源を求める考えもあります。
その説によれば、初代皇帝ゆかりの地、もしくはt'øldøl教の重要な出来事のあった場所では、2音節制限がはたらいていました。一種のナショナリズムとして、この2音節制限言語を「真のøpʰɜt'a語」としていたため、帝国の言語研究でも2音節制限があるとされたのです。

一説によると、????連合帝国初代皇帝ゆかりの地、もしくはt'øldøl教の重要な出来事のあった場所で話されていた地域方言では、音節数の上限が2音節になっています。一種のナショナリズムの結果、この言語変種が「真のøpʰɜt'a語」とされていました。現在では、共通語のうち約半数が2音節制限を持ち、変種全体で見ると3音節制限を持つものが過半数となっています。

等時性

øpʰɜt'a語は日本語と同じように、モーラを一定の時間的長さを持った音の単位としていると分析されてます。
これは、母音の長短の区別が音素自体の区別ではないこと、またゼロ母音音節が存在し、一拍として認識されていることからも分かります。

øpʰɜt'a語の文字

øpʰɜt'a語の表記体系についてはまだ分からないことが多いです。
この記事では便宜上、音素表記に基づいた表記をしています。(ただし、ゼロ子音・ゼロ母音は表記上省略します。)

øpʰɜt'a語の統制機関により公式に定められている書法には、標準正書法、補助正書法、電算転写法があります。

標準正書法は固有文字体系??文字によるものです。??文字は、ジャウィ文字やカウィ文字に似たアブギダだと考えられています。

補助正書法では、ラテン文字及び補助記号を用いて表記します。転移部分(「コメントに応じて変化する世界」を参照)の住民のうちラテン文字を解する人たちによって使用されているようです。

電算転写法でもラテン文字を用います。電算機により容易に情報処理できるよう、ASCII英数のみで扱えるようにされています。

具体的な正書法の内容については、まだ未確定です。

ラテン文字の表記法については、øpʰɜt'a語綴り字関連メモ にまとめられています。そちらもご参照ください!

ラテン文字表記法①

次のような表記法が用いられているという説があります。ただしこの説は、さまざまな事象に基づいた推論(=仮説)に過ぎないとのことです。これが立証され定説になったら、この記事で採用する表記法もこれにします。

子音/p, b, t, d, k, g, f, v, s, z, h, m, n, r, l, j, a, e, i, y, o, u/は、発音記号と同様のアルファベットで表記します。
声門破裂音はqで表します。
軟口蓋鼻音はngで表します。ただし、直後に母音が続いた場合は必ず/ŋg/という発音になります。
破擦音/p̪͡f, t͡ʃ, ʈ͡ʂ, ɡ͡ɣ/は、それぞれpf, ts, tsh, ghと表記されます。tsが後部歯茎音であることに注意してください。
弾き音/ⱱ, ɽ/は、それぞれvh, rhと表記されます。
両唇接近音/β̞/はvという表記になります。なお、子音の直後のvは/v/、/β̞/の二つの読みがありえます。これは、この2音は一部の状況下で自由異音になる可能性があるとする仮説に基づくものです。
帯気音は対応する無気音の右隣にhを加え、ph, th, khのように表記します。
放出音は、対応する無気音の右隣にqを加え、pq, tq, kqのように表記します。
母音/ɜ/にはë、/ø/にはöが割り当てられています。
別の方言で見られる/ɪ̈/と/ɯ̽/は、それぞれïとüで綴られます。話者によってはウムラウトが省略されます。あるいは、書かないとまぎらわしい場合にのみ書き分けることもあります。

長音は、同じ字を連続させることで表されます。
二重音字である場合は、最初の字を重ね書きします。
例:öthokkhaa /øtʰokkʰaa/

ラテン文字表記法②

上記の表記法を改良したものもあります。以下のチャートをご参照ください。

音素 表記 音素 表記 音素 表記 音素 表記
p p g g t͡ʃ ts vh
b b k’ kc ʈ͡ʂ tsh ɽ rh
p’ pc kh ɡ͡ɣ gh r r
ph ɡ͡b gb f f l l
t t ʔ c v v β̞ w
d d m m s s j j
t’ tc n n z z ɥ wj
th ŋ ng ɕ sh w wh
k k p̪͡f pf h h ∅(ʔ?) (無表記)

前述のラテン文字表記法では、いくつかの音素の表記について言及されていませんでしたが、こちらではすべての音素の表記について言及があります。

変更点は次の三つです。
①vで表記していた/β̞/をwで表記。
②/ʔ/や放出音を表していたqの代わりにcを用いる。
③wで表記していた/w/はwhで表記。

ラテン文字表記法③

2番目に解説した表記法をベースとして、ダイアクリティカルマークとダイグラフ・トリグラフが併用されているかもしれないという考察もあります。

帯気音は、他の表記法と同じように、無気音を表す字母の直後にhを足すことで表します。

放出音はハーチェクを付けて表されます。これはKartvelo translit(グルジア文字のラテン表記法の一つ)にならったもののようです。

声門破裂音はåで表されます。元来声門破裂音を表すアラビア字アリフ(ا)に対応するラテン字がaであること、デンマーク語において声門破裂音が現れるstød現象ではaのリング記号付加が用いられると比較される。

/ɕ/も、ハーチェクを付けてšで表します。

ラテン文字表記法④

2番目をベースにした表記法と3番目の表記法が併用されているとする説です。

2番目をベースにした表記法は「(ラテン式)ASCII法」と呼ばれます。放出音はcやq、まれにアポストロフィで表されます。PC上で使いやすいのが特徴です。元英語圏から転移した地域ではこの方式が使われています。

3番目の表記法は「(ラテン式)ハーチェク法」と呼ばれます。紙では使いやすいのが特徴です。ハーチェクを使っている転移地域を中心として使われます。

鼻母音の表記

一部の方言に見られる鼻母音はオゴネク(˛)を付けて表記します。

øpʰɜt'a語の文法

言語類型論の観点から言うと、øpʰɜt'a語は膠着語に分類されます。

アラインメントは主格-対格型言語です。

語順

øpʰɜt'a語の基本語順は目的語-動詞-主語(OVS)の順です。ただし、関係節などの従属節内ではOSVになります。また、主題(T)のある場合は、TOVSやTOSVのような語順になります。

修飾する際は、形容詞であれば被修飾語の前に置き、属格名詞であれば後に置きます。

前置詞も後置詞もありますが、後置詞のほうがやや多いです。

関係節は、被修飾語の前に置かれます。

品詞

øpʰɜt'a語の品詞区分はまだ明らかでありませんが、「名詞」「動詞」「形容詞」「副詞」「前置詞」「後置詞」「助動詞」「鞜詞」といった用語が使用されています。

他動性

動詞には目的語の項数を表示する接頭辞があります。ただし、項数が1種類のみに定まっている動詞の場合は、その接頭辞を省略することができます。

時相法(時制・相=アスペクト・法=ムード)

時制には、直近現在(ちょうど今)、過去(今より前)、非過去(それ以外)の3種類があります。時制は機能語で表されます。

相は、時制を示す機能語に付随する接辞や接語で表されます。

法は後置詞で表されます。

態(ヴォイス)

動詞の態としては、能動態、被動態のほか、少なくとも中動態、自発態、使役態、交互態などが見られるようです。
「被動態」というのは、いわゆる受動態のことで、「受け入れる」のようなニュアンスを加えるために用いられることがあります。
「中動態」は、動詞の表す行為が、主語で示される行為者自身に対して影響を及ぼすことを表します。
そのほか、充当態があるとする説もあります。充当態は「適用態」とも呼ばれるもので、動詞の結合価に斜格項が追加されることを示します。

代動詞

代動詞としてrfeːɜsという語があります。これは1音節語です。

形容詞

「øneosa-ømpʰarrakʰa(新しき薔薇の城)」という固有名詞から、形容詞は複合語中で無標のようです。

名詞

øpʰɜt'a語の名詞には、性による語形変化がありません。

格は接尾語で表されます。
現在のøpʰɜt'a語には、主格、属格、対格、部分格、処格、与格、様格、共格、具格、斜格が存在します。このうち、主格と斜格はどちらも無標なので、見た目の上では同形です。
また、斜格は「格」と名付けられていますが、実質的に格語尾を失っただけです。元の格としての情報は保存されています。つまり、斜格は、便宜上斜格と呼ばれているだけの、実態のない格です。

属格には接尾辞(接尾語)を用いるパターンと、「前置詞+斜格」で表されるパターンがあります。後者はほとんどの場合、複合語中でのみ見られます。おそらく属格語尾の後ろに他の格語尾をつけることができないために用いられる方式なのでしょう。

共格と具格は、一応形態は同じですが、細かい文法変化が異なります。

共格と具格の峻別や、処格や様格の具体的な意味の使い分けは、機能語的前置詞で行われます。

主題や焦点

さて、øpʰɜt'a語には主題マーカーや焦点マーカーもあります。

主題マーカーは後置詞「tʰlyoɕ」で表されます。主題マーカーは、主題のみならず焦点も表します。

焦点分詞が、文中で焦点になっているのがどの語かを示します。
焦点分詞は助動詞として振る舞い、斜格化した名詞のもとの格に一致して語形変化を起こします。
この際、他の後置詞によってすでに斜格化していた名詞が話題化した場合でも、その前置詞や後置詞の種類(と意味)によって、どの格と同形となるかが決まっています。

語形 格と後置詞
主格 主格
属格 属格、(部分踏詞?※後述)、
対格 対格、
与格 与格、

ウチソト&現在ここでの知覚の可否

また、øpʰɜt'a語において重要な役割を果たす概念として「ウチソト」と「現在ここでの知覚の可否」があります。
「ウチソト」の「ウチ」は、自分にとって身近であったり、自分が所属するものを指し、対する「ソト」は、自分の所属していないものを指します。
「現在ここでの知覚の可否」は、対象の存在を発話時に目の前で近くできるかを表します。
øpʰɜt'a語では、この二つの尺度を4種類のマーカーで表します。それらは接頭辞です。

「ウチ&知覚不能」マーカーは、「tʰlyoɕ-」で、これは主題マーカーと同形です。たとえば、目の前にいない「私の牛」には、このマーカーが付されます。
ウチ&知覚可能を表すマーカー(「今ここのウチの人らマーカー」)は、「øpʰ-」です。これは、共格や具格に相当する意味を表す後置詞に由来します。
「ソト&知覚可能」マーカーは、「nu-」です。直後にゼロ子音が来るときは「nw-」に変化します。この接頭辞は、対格語尾に由来します。
「ソト&知覚不能」マーカーは、「ɡ͡bram-」です。これは与格語尾に由来します。

より理解を深めるために、言語を例にあげましょう。言語のことをøpʰɜt'a語では「ɜt'a」と言います。
øpʰɜt'a語の話者にとって、自分たちの話す言葉はウチのものであり、かつ発話時に知覚しているものなので、ウチ&近く可能を表すマーカーを付けて「øpʰɜt'a」と表現します。
一方、外国語の場合、その言語を発話時に知覚している(見たり聞いたりしている)のであれば、ソト&知覚可能マーカーを付けて「nwɜt'a」と言い、知覚していない場合は「ɡ͡bramɜt'a」と言います。

人称

人称を表す語は次の通りです。なお、左に行くほどフォーマルな表現になります。:

一人称単数    gt'eør / øika / e
一人称双数包括形 ŋʈ͡ʂɥar / ŋar
一人称双数除外形 ɡ͡ɣtʰiir
一人称複数包括形 kʰnɥyr / nry
一人称複数除外形 k'rɜɜr

二人称単数    bʔβ̞oaⱱ / øʔintaa / m
二人称双数    p̪͡fhβ̞øⱱ / hø
二人称複数    p'rβ̞yyⱱ / ryy

三人称単数男性  øbøgɜa / ʈ͡ʂie
三人称双数男性  ʈ͡ʂy sk'it / kʰøp
三人称複数男性  ʈ͡ʂy ɕo / tim

三人称単数女性  øt͡ʃavaa / skʰuu
三人称双数女性  skel tvot͡ʃ / ser
三人称複数女性  se dies / njia

三人称単数中性  øŋina / kat'
三人称双数中性  kor pas / r
三人称複数中性  skep et / t'tʰa

四人称(不定人称) rrɥyyr / vⱱβ̞uuw / pʰa

なお、無生物を指し示すときは、性別がないので中性三人称のみを使います。人間も中性三人称で受けることができますが、男女が混ざっている場合に使われることが多いです。ペットなど動物に対しては、雌雄を明示したい場合には男性・女性三人称を使いますが、特に明示する必要がなければ中性三人称を取ります。

指示語

指示語には現場指示用のものと文脈指示用のものがあります。

内部照応 外部照応
初出照応
変更照応
既出照応 rɜːfah (表層照応)

初出照応は後ろにある対象と同じものを指す後方照応です。
変更照応と既出照応はどちらも、前にある対象と同じものを指す前方照応です。変更照応では参照する情報の変更や上書きがあるのに対して、既出照応にはそれがありません。

それぞれの文脈指示用の指示語はさらに、表層照応しかできない語と、それに加えて深層照応もできる語にも分けられます。後者のほうがあまり使われません。
表層照応は言語として表現された文脈そのものを参照するもので、これに対して深層照応は発話の状況を参照するものです。

話し言葉ではこの区別に崩れが見られますが、書き言葉では厳密に使い分けられています。

借用語

ø--aは語基が借用語であることを示す接周辞で、借用語接辞もしくは外来語接周辞、外来接辞とも呼ばれます。この接辞の使用は、現代語では義務的です。

例:økʰapaa (河童), øtʰanmena (一反木綿), øuɕkʰmaira (丑の刻参り), øtʰaitʰrpʰot͡ʃa (だいだらぼっち)

借用語接辞は強調表現に由来します。øpʰɜt'a語では、語や句をøとaではさむことで強調表現を作ることができます。これはちょうど、日本語の文章で強調したいときに「このように」カッコを使うのと似ています。

例:ø øpʰɜt'a a(「øpʰɜt'a語」)

これがのちに借用語用の接周辞として使われるようになりました。なお、格接辞は借用語接辞の外側に付きますが、強調表現として「ø a」を使う場合は、内側に付くこともあるようです。

日本人がスマートフォンをスマホと略すように、øpʰɜt'a語の話者も外来語の縮約を好みます。縮約が行われると、語基は3音節以下になります。(方言によっては4音節が上限になることもあるかもしれませんが、詳細は不明です。)

特定性

特定性を表す機能語的副詞が存在します。

前置詞と後置詞

前置詞では細かい意味の区別を行います。
唯一の後置詞である話題マーカーtʰlyoɕのついた語は、表面的には格を失います。このような格を失った形態はこの言語では「斜格」と呼ばれます。

前置詞は、後ろの名詞に特定の格を要求します。(なお主題マーカーによる斜格化は認められています。)
後置詞は、名詞の格を斜格化します。

複数の前置詞を併用することはできません。

鞜詞

「鞜詞」は、自然言語の後置冠詞に相当します。
定鞜詞や部分鞜詞が存在しますが、不定鞜詞はありません。

部分冠詞は一般に不定性を表しますが、øpʰɜt'a語においては部分定鞜詞であり、数えられない名詞の定性を表現します。
定鞜詞が「この〇〇(特定の〇〇)」を意味する一方、部分鞜詞は「一定量の□□(大抵は単位量や容器の八分目/満杯)」を意味します。部分鞜詞は、定鞜詞と部分格が縮約したものです。

øpʰɜt'a語の敬語

この言語における敬語の中核は語尾(というより正確には文体)であり、文末に来る語で敬意や丁寧さを表します。文体には絶対敬体、相対敬体、丁寧常体、普通常体、相対親体の5種があり、絶対敬体は神や君主、至高存在などの非常に敬うべき相手に対して用い、他は話者と相手の相対的関係によって使い分けられます。

人称語彙も、文体に対応するように人称・性・数・包除の各々について敬称、常称、親称の3種の語があります。

øpʰɜt'a語の語彙

時間の表現

時間は右から左に流れるイメージで、右が過去、左が未来を象徴します。

経過した時間は重さに例えられます。
たとえば、長い時間が経ったことを「重い時間が経過した」のように言います。

øpʰɜt'a語において、日時は小さい単位から先に並べます。(「1時間1分1秒」は「1秒1分1時間」、「2023年1月1日」は「1日1月2023年」のようになります。)

なお、øpʰɜt'a語の話される世界の1年および1日の長さは地球のそれと変わりません。1カ月の長さも、地球で一般的なグレゴリオ暦とほぼ同じです。

辞書

上記「文法」の項で説明のある機能語や屈折接辞については、記載を省略しています。
辞書形には格語尾が付きません。

ZpDICでも、有志の方が/øpʰɜt'a/語辞書 を作ってくださっているそうです! そちらもぜひご参照くださいませ。

ZpDIC Online

人工言語の辞書を閲覧したり編集したりすることができるWebアプリです。複数人で1つの辞書を編集することも可能です。

favicon zpdic.ziphil.com

【ami】村。
【ɜt'a】伝えること。言うこと。言語。
【nthildaëš】〔名〕国(英語でいうstate)
【økʰβ̞aia】(日本語の「こわい」に由来。)固い。
【ømpʰar】(意味判明後、最初期は「ömpharは非常に古い借用語で、ゆえに借用語接周辞がない。借用元はラテン語(またはそこから借用した言語)のimperātor」とする説があった。しかし現在は棄却されている。当時の仮説では次のような音変化が考えられた:imperātor > impārtr(øpʰɜt'a語の音節数制約による母音脱落とrの位置の音位転換) > mpʰar(音節制約による語末の子音脱落。第二母音が短くなったことによる代償延長としてpが帯気音化した) > ømpʰar。この変化仮説が棄却された最大の理由は、語頭の/i/>/ ø/ [ʌ]の変化が不自然だったからである。次点で「命令権→城」という意味変化の距離が遠いという点もしばしば言及される。他にも、1音節に2文字分の母音が許容されるにもかかわらず、impaar(またはimpʰaar)のように2音節目が長母音とならなかった点からも、学会では懐疑的な意見が多数を占めるようになった。)城。
【øneosa】(ギリシャ語の「νέος」に由来。)新しい。
【øpʰɜt'a】(語源については諸説があります。詳しくは「言語名」を参照ください。)øpʰɜt'a語。
【øpʰritʰa】(古英語の「bridd」に由来。)弱虫。
【øtʰokkʰaa】(古英語の「docga」に由来。)狩る。
【rakʰa】(本来語。)薔薇。
【???】(語形未設定。)①凍る。②専有する。③締める。④染みる。
【???】(語形未設定。)知る。
【???】(語形未設定。〈知る〉の尊敬被動形に由来。)統治する。

øpʰɜt'a語研究について

øpʰɜt'a語についての報告は、その内容が二転三転することが多いです。もしかすると、別言語(別方言)の記録が混ざっているのかもしれません。

ある話によれば、øpʰɜt'a語(もしくは諸語)の話者は、「ここはどこですか?」と聞かれても、必ず「ここはøpʰami(自分の村)だ」と答えるのだそうです。(地域によっては/øpami/になったり、多少の発音の変動はあるかもしれません。研究途上です。)øpʰɜt'a語話者は自分の村の固有名をあまり話さないのです。そのため、どの地域の方言か記録しづらくなっていて、多様な方言が一つの言語のように扱われてしまっているのだといいます。

そのほか、部分鞜詞の存在から、部分格の存在が考えられています。部分格が現在のøpʰɜt'a語にも生き残っているか否かについてはまだ分かっていません。

øpʰɜt'a語の歴史

øpʰɜt'a語には様々な言語からの借用語が見られるため、以前から世界中で話されていた言語だったことが分かります。以下に、借用語の例をあげます。左側が借用元の語形です。
こわい(日本語)→ økʰβ̞aia(固い)
docga(古英語)→ øtʰokkʰaa(狩る)
bridd(古英語)→ øpʰritʰa(弱虫)

øpʰɜt'a語の祖先となる言語(仮に「古øpʰɜt'a語」と呼びます)については、まだ分からないことが多いですが、複雑な音素体系を持った開音節言語だったとする説があります。その説によれば、祖語の音節構造はCXV(略号の意味は「øpʰɜt'a語の発音」の項を参照)で、Xには接近音だけでなく流音も含まれていたそうです。
øpʰɜt'a語に独特な音節数制限の起源を説明するために、「最初の音節の母音と、アクセントのある母音以外全て脱落する」という音変化があったという説も提唱されています。

別の説によれば、子音体系はむしろ複雑化したのだと言います。その説によると、帯気音と放出音は、母音脱落によって無声破裂音に声門音が後続した際に生まれた音素なのだそうです。

特定の条件で完全に消失した(ゼロ母音化した)母音があるとする仮説もあります。

音節数制限の起源

次のような仮説が考えられています。

①開音節言語があった。当時は音節数制限がなかった。
②母音が脱落し、1形態素が原則2音節に。さらに複合語も平行して生まれる。ここで、現代に伝わる語源不明の3音節語4音節語が主に生える。
※「第1音節とアクセント音節以外の母音が脱落」において、複合途中で「2箇所アクセント」とかのせいで3音節はとりあえず保持可能。4音節がほぼないのは、「2箇所語頭音節母音」と「2箇所アクセント」つまり複合度が低い語→2音節語二つに還元できるのが大半のため。5音節以上に至ってはほぼ分解可能。
③複合語がさらに生える。原則2音節制限となる変化を受けなかった方言からの借用が行われる。これらは変化後の借用なので2音節制約を受けない。
④借用語を示す借用接周辞「ø--a」が生える。この頃、地球から一部地域が転移してくる。結果、これ以後に借用された語は地球由来現地由来問わず、原則借用接周辞が用いられます。ただし、借用語と認識されない語にはつきません。

この仮説では、「3音節制限よりも先に2音節制限が生まれた」としていますが、これに対して「3音節制限が先に生まれ、その後に2音節制限が生まれた」とする説もあります。

人称語彙の歴史

人称語彙は、敬称常称親称各3種と呼ぶには一部体系が欠けていること、及び一部外来接周辞を持つ外来語由来と思われる語があることから、

1.もとは常称と敬称の区別しかなかった
2.しかし、のちに新たな語彙が流入し、あるいは生まれてもとの常親称にとってかわることで、一部の常親称が親称専用になった。ただし、この時語彙が流入しなかった部分では親称常称共通になっている

と考えられています。

人気順のコメント(199)

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

Öphëtqa語は、とある架空世界で話される言語である。一国の公用語であり、また国際共通語としても通用する。

世界の方の詳細は、記事「コメントに応じて変化する世界」にて。

たたむ
 
nsopikha profile image
ンソピハ

リンクありがとうございます!
記事内に掲載しておきました!

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

(メタい仕様を定立)
世界の記事及びそれへのコメント(のうち言語に関係ある内容)は、言語の企画において直接に言語の記事へのコメントと同様に扱われる。
その逆もまた同じ。

たたむ
 
nsopikha profile image
ンソピハ

うーん……、確認がちょっと面倒なのと、違う企画を一緒くたにすると管理面でいざこざが発生しがち(別サイトでの過去の経験)なので、ちょっとそれは難しいです……

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

とはいえ、記事内に『世界の方の詳細は、記事「コメントに応じて変化する世界」をぜひご覧ください!』とあるので、世界の記事の設定もしっかりこの言語の設定に組み込まれてはいます。

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

違う企画かねぇ。一心同体だと思うんだが(仮にいざこざの火種がありそうとてDiscordのアレで先んじて解決できない?)
確認が面倒というが、逆に言えば現状はほぼ同じ内容を両方に書かないといけないという面倒さと、ほぼ同じ内容がある分コメント数が無駄に増えて追いにくいというのがあり...

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

なるほど……。現状では一心同体って感じですが、たとえばこの企画のルールだと、「øpʰɜt'a語は別の世界に転送された。その世界はこれまでの世界とは完全に切り離されていて、戻ることはできない」的なコメントが来たときに、仕様上、それを阻止する規定がないんですよねぇ……(そんな心ないコメントするような人migdalにはいないと思いますが、以前荒らしの多いサイトを利用してたのでそういうのも一応は考慮に入れます。)
でも、たしかに両方にコメントしなくてはいけないのは面倒かもしれませんね。これからは世界の企画のコメントも確認するようにいたします。

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

例えば「既に結合された企画群を各企画主催者の意思反して分離するコメントは無効とする」というような阻止条項を付帯させるというのはいかが?

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

うーん、、
私シンプルなのが好きで、ルールもあまり複雑化させたくないんですよね。(だから「なんでもOK」的なルールにしている。)
それに、完全に参加者任せにすることで、どういうものになっていくのかが見ていて楽しいというのもあります。
気軽にコメントしてほしいので、確認しなければいけないルールは限りなくゼロに近づけたいですし。
「なんでもOK」の方針を変えるとしたら、私の当初想定していた企画趣旨とは違うものになってしまいそうです…。

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

要は「『個別企画群の総体を単一の企画として』その枠組み中で『なんでもOK』」というのでは?

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

うーん……、
私としては、記事の内容が一新されるようなコメントが来ても反映するつもりですが、世界のほうの企画ではそのあたりの方針はどのようになっているのでしょうか……?(白紙からではなく土台が作られていますが、その土台の変更は許容されますか。)
許容されるのでしたら、同じ企画として扱っても問題ないかなあと思います。

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

(企画連携システムを新たに導入したことを別として)同じスタンスよ〜〜

土台については、言語のほうの内容から導出される内容を反映しておいたのと、そのまま白紙だとコメント少そうと思ったから見本的に用意したのと、自分の趣向をいささかコメント経由せずに直接反映しただけという扱いです

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ • 編集済

了解です~
世界のほうと言語のほうを同一企画と見なすのでしたら、総称するネーミングが欲しいですね……。安直ですが、コメントに応じて変化するプロジェクトとかどうでしょう?

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

『コメントに応じて変化するプロジェクト』、いいですね!

コメントに応じて変化するプロジェクト企画委員
  言語企画者 ンソピハ
  世界企画者 佐藤陽花
  モデレータ さざんか

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ • 編集済

言語企画者という肩書をいただき、光栄でございます!

では、とりあえず、世界のほうに対するコメントも取り扱う旨を記載しておきました~

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

ラテン表記法③について。放出音に用いるダイアクリティカルマークは、グルジア文字のラテン表記法に倣ってハーチェクとするのが適任だろうと考えます。また、/ɕ/に用いる文字は、しろすけさんが用いるšを採用すれば、丁度これと揃って良いと思います。

たたむ
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

(仮案です)
ハーチェク普段全く使わないので思いつきませんでしたが、二種表記法用意するなら差分大きい方がありですね。二大ラテン式表記法。
一点問題があるとすれば、ハーチェクを日常的に使う時代・地域を世界観の中に放り込んでおく必要はありそうですね。
また、/ɕ/にもハーチェクを使うとなると「他は放出音なのになぜ」となりうるので、ここはもう少しつめる必要はあるかもです(1.ハーチェクを他の文字にも使う|2./ɕ/には適用しない|3.放出音と/ɕ/にハーチェクを用いる&他øpʰɜt'a語音素にはハーチェクが適用されない地域連れてくる)(もちろん1,2案でもハーチェク使用地域を連れていくのは必須レベル)

(ラテン式)ASCII法
放出音にcやq(まれにアポストロフィ)を使う。/ɕ/はshで表記される。
(PC上で使いやすい)(元英語圏から転移した地域ではこちら)

(ラテン式)ハーチェク法
放出音にハーチェクを用いる。また同様に/ɕ/もハーチェク(予定)。
(PCでは使いにくいかもしれないけれど紙では使いやすい)(ハーチェクを使っていた地域を中心として使用される)

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花 • 編集済

放出音にダイアクリティカルマーク使っている言語あるかな〜と思ってjawpを漁ってたら直接ダイアクリティカルマーク使っているものはなくて、間接を含めて探すと例のグルジア語のを見つけたという(これ以外の例は今のところ見つからず)。

あとしろすけさんのはたまたまダイアクリティカルマークが一致しているという感じですね(しろすけさんがなぜハーチェクs採用したのか不明、他に例なし;本人に聞かねば)。ハーチェクs以外でこの音に使われるのはポーランド語におけるśくらいでした。ダイアクリティカルマーク以外だと、中国語におけるxの表記法がありますね。

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

今思えば一応もうひとつの文字体系の方でハーチェク型記号を使っているなら「向こう(の一部地域)で生えた」とかいう持って行き方もありそうですね。
ただこの場合、/ɕ/を同じようにハーチェクつき文字で表記していたとすると体系が崩れるので放出音限定になりそうですが(放出音の表記方法のアポストロフィをハーチェクに置き換えるorハーチェクを追加する)(下手すると放出音4種類綴り方が発生することになりそうですね……)。

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

ちょっとWikipedia調べて、「グルジア語の」というのはKartvelo translitのことかなと思ったのですが、この認識であっているでしょうか?(記事内ではそのように掲載しています。)

あと、wikipediaを見てみたところ、šで表記される/ʃ/の異音として[ɕ]が出現するケースはけっこうあったので、「例なし」ではなさそうです。最も近いのはアディゲ語の「šʼ」で、アポストロフィが付くものの[ɕ]を表しています。(ちなみに、アポストロフィを抜くと/ʃ/になるそうですが……。詳しいことはわかりません。)
en.wikipedia.org/wiki/Voiceless_al...

 
shirosuke_2 profile image
しろすけ2号

しろすけさんがなぜハーチェクs採用したのか不明、他に例なし;本人に聞かねば

どこで回答すればよろしいでしょうか?(そんな大層な理由ではないですが;)

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

ハーチェクsでなければならない理由があったなら返信(orこの記事に直接コメントする)で説明して、特になかったら「特に理由なし」という返信かコメントにいいねつけるとかで大丈夫な気がします(このコメントやコメントへの反応も参加者に通知行くと思うので)

スレッド スレッド
 
shirosuke_2 profile image
しろすけ2号

えっと、ハーチェクs である必要性はなかったです。
まず私の中で、歯茎摩擦音のダイアクリティカルマークの使用優先順位がありまして、s>š>ś なんですけど、私がこれらを使うときはだいたいs, ʃ, ɕ なので、この順で対応させています。

それで今回Öphëtqa にはʃ の音素がなかったので、繰り上げて š を割り当てました。

それに私の知る限りʃ と ɕ の対立がある言語はないですし、あった方が稀だと思うので、この2音は互いに近似の音としてよいだろうという感じで使いました (要はš にはよく ʃ の音が割り当てられているが、その代わりに ɕ にš を使ったってことです)(この2音の対立について、実はあまり自信ないので違ったら遠慮なく教えてください🙇‍♂️)

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

あと声門閉鎖のほうはやはり「'」しか例ないですね。ダイアクリティカルマーク使うならばリング記号ってところですかな(声門閉鎖ある多くの言語で声門閉鎖はo音に近い或いは相当するとされているため)。

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花 • 編集済

ラテン字表記③において、声門破裂音はaを台字としてリング記号を付加したもので表される。元来声門破裂音を表すアラビア字アリフの対応ラテン字がaであること、デンマーク語において声門破裂音が現れるstød現象ではaのリング記号付加が用いられる、タイ字では声門破裂音を表す文字が‹angのo›と表されることと比較される。

(アポストロフィは分離記号用に確保しておいた)

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna) • 編集済

hは上に棒が伸びていますし、リング記号は下にした方がいいと思います(個人的に)。

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

一旦送信してから編集して、他言語のくだりやアポストロフィのくだりを加筆すると同時に、hからaに変更しました

たたむ
 
bertia_arbarigmirok profile image
ベルティア

言語名は『øpʰɜt'a』

たたむ
 
nsopikha profile image
ンソピハ

お、ついに言語名が決まりましたね……!
øpʰɜt'a語には、1語が必ず2音節以内で構成されるという制約があります。この名称は3音節から成っているように見えますが、語の境界線があっても日本語みたいにスペーシングをしない(もしくは特定の条件でスペーシングを省くことがある)ってことなのでしょう……。面白い表記法になりそうです(笑)

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

「1語が2音節以内」......接辞はこの影響をうけない  ... by さざんかさん at Twitter

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

ああ、なるほど! 了解です!

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

いや、でも、「外来でない固有名詞(øpʰɜt'a語に基づいて名付けられた人名や都市名など)もまた、全て2音節以内に収まる」という制約があるので……。そう考えると、øpʰɜt'aという名称は自称に由来しないエクソニムかな……?

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

いや、それだと佐藤さんの「この言語の名前(固有部分; 〇〇語の〇〇の部分)はこの言語で「共に伝えること」を意味する名詞句にルーツを持つ」という記述に反しますね……。
もともと「共に伝えること」という意味だったøpʰɜt'a語の表現が他の言語に借用され、øpʰɜt'a語を表す固有名詞として使われるようになり、その後øpʰɜt'a語に再輸入されて固有名詞として扱われるようになった、というストーリーを作れば辻褄があいそうです。

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

接辞由来だと意識されていれば2音節制約から除外される可能性微レ存?(但し非接辞の形態素を縮約するなら原案名称じゃ音数足りない可能性が?

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

なるほど……。では、その可能性についても加筆します。

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花 • 編集済

おお。意味由来の割り付けは?

cf. 言語名由来, 音節構造

たたむ
 
bertia_arbarigmirok profile image
ベルティア

『共に伝えること』という意味なので
例えばpʰet'が『伝える』
øあるいはøpなどが『共に』
-aで『〜する事』
などとすれば良いのでは?
あでも語順的にコレ合ってるのか?

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

新たな語源説ですね! 記事に記載しました~

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

私の考察としては、言語名の語源説は、第二と第三を支持し第四を排斥(棄却)します。

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

★語彙(&語誌):この言語において、「凍る」と「専有する」は同音異義語(同綴異義語)。またこの言語において「統治する」を表す言葉は、同「知る」という言葉の尊敬被動形(被動態(所謂“受動態”)は「受け入れる」というニュアンスを加えるために用いられている)に由来する。

たたむ
 
nsopikha profile image
ンソピハ

わあ、コメントたくさんですね……! 参加していただきありがとうございますっ
一つ一つのコメントに返信するのはさすがに律儀すぎる(?)ので、最後のコメントにだけ返信します笑
コメントの内容はすべて反映いたしました!

いろいろ面白い特徴が増えましたが、特にやばそうなのは、/β̞/と/w/の区別ですね……(笑)
さあ今後が楽しみです!

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

あと「知る」と「統治する」は別語ですよ!(単に語誌的に‘由来する’だけ)。
それと「凍る」等の同音異義に「締める」「染みる」も追加で。

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

了解です! 直しました!
(「統治する」が「知られることを受け入れる」で表されるの、現代社会に対する強い風刺を感じます……笑)

たたむ
 
nsopikha profile image
ンソピハ

あ、「/β̞/と/w/の区別」って書きましたが、どうやら私のコメントの解釈がちょっと間違っていたみたいですね……(接近音はこれまでの体系に追加するというわけではなく、置き換えるってことだったのですね!)
直します!

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花 • 編集済

追加の意図ですす!/w/は両唇軟口蓋接近音(二重調音)のつもりで書きましたよっ(両唇接近音 /β̞/とは区別)。これで子音がきっかり33になるはずです

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

マジですか(笑)
でも、数えなおしても、/w, j/を復活させると子音が35個になるんですよね……。
音素数が学説によって異なるために起こる混乱かもしれません。

とりあえず/w, j/は復活させました!

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

まあ、元々の私の記述が「少なくとも33見られる」なので、35でもまあいいんじゃないでしょうか。

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

よし、じゃあ、35子音ってことにします~

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花 • 編集済

主格、対格、部分格などの他、共格、具格、処格、様格などの格を持つ。共格と具格の格接尾語は同形である。
部分格はある物の一部分であることを示すほか、指小辞的な役割も持つ。
共格は共同で行為をする相手を、具格は道具や手段を示す。
処格は位置、方向、移動など場所に関係する意味を示す。
様格は時、原因、理由、由来、目的、条件、譲歩、変化、様態などを示す。
共格と具格の峻別や、処格や様格の具体的な意味の使い分けは、機能語的前置詞で行われる。

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

これらのほか、まだ格が存在するかどうかは現状分かっていない。

(言語学的には他に呼格や欠格などがあるが、これらがこの言語に存在するかどうかは不明。

たたむ
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

1.共格と具格について
ひとまず共格と具格、同形なら共具格にした方が体系としてすっきりすると思います。焦点分詞の方で区別があるなら共格と具格も区別する意味がありますが、それすらないなら多くの意味を抱え、後置詞で区別する処格や様格みたく一緒くたに一票。

2.格の整理(既存との対応)
少なくとも主格、属格(部分格と関連がある以外詳細不明)、対格、部分格(私が勝手に○えたと思っていた格)、処格(既に与格として言及されたもの+いくつかの意味)、様格、共具格(共同格?焦点分詞に区別があるなら処格、具格)の7(8)格が確認されている。

3.後置詞と格
話題化とかで後置詞をつけた時に格情報をどうする(消す→既存でいう斜格orそのまま)か問題があるかと。
日本語母語話者なので後置詞使用で表面的格情報を個人的には消したさがあります(後置詞で意味を区別できる時に格を残す意味を感じられないので)。

4.属格後置後に格を置くための解釈新案(話題変えます)
属格、厳密な属格にすると後ろに格情報つけるのが違和感強くなるので「私のを食べる」みたいな所有物を示す役割も単独でこなせる(=後ろに格情報を置いてもよい)という仕組みにすれば、複合語の語尾に現れても雑解釈で違和感なし扱いにできるかなと思いました。

(余談)(前置詞もうほぼいらないのでは?)(格、接尾辞ではなく接語にすると何が嬉しいのか気になりはする)(最近コメントが……(原因いくつか心当たりはありますが))

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

接語ベースにすることで自由に組み合わせたり並べたりするのがしやすくなるのがありますね。
格を接語にするのはシャレイア語を参照している節があります

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

あと、共格具格は一応形態は同じではあるものの、細かい文法変化が異なります

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

前置詞、

共格と具格の峻別や、処格や様格の具体的な意味の使い分けは、機能語的前置詞で行われる。

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

格を漂白する後置詞は話題化のだけにしておきます?
(となると前置詞後置詞半々ぐらいというより「格を示す接語は後置され、前置詞で細かい意味の区別を行う。唯一の後置詞は話題(主題)化を行うもので、これがついた語は表面的には格を失う」みたいな)

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

よさそう

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

部分格と属格の接尾語は形態が似ている可能性が高い

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

最新の調査によると、標準語において、語内の音節数は2音節上限でなく、原則3音節上限、一部4音節上限であり、以前の調査は一部の方言によるものであるそうだ。また、接辞や複合語だけでなく畳語の場合も、全体の音節数ではなく構成要素個々の音節数で数えるようだ。

たたむ
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna) • 編集済

うーん……まあ「コメントに応じて変化する」ではありますが、折角の2音節制限設定だったのでもう少しストーリーを細かくした方がいい気がします。

(いちおう言語変化の歴史案)(これよりも下の方の「øpʰɜt'a語の話される帝国の伝説~以下の記述の方がたぶんスッキリしている)
①開音節言語(音節制限なし)があった
②母音が脱落し、1形態素原則2音節に。さらに複合語も平行して生まれる(ここで、現代に伝わる語源不明の3音節語4音節語が主に生える)
※「第一音節とアクセント音節以外の母音が脱落」において、複合途中で「二箇所アクセント」とかのせいで3音節はとりあえず保持可能。4音節がほぼないのは、「二箇所語頭音節母音」と「二箇所アクセント」つまり複合度が低い語→二音節語2つに還元できるのが大半のため。5音節以上に至ってはほぼ分解可能。
③複合語がさらに生える。原則2音節制限となる変化を受けなかった方言からの借用が行われる(これらは変化後の借用なので二音節制約を受けない)
④借用語を示す借用接周辞「ø--a」が生える。この頃、地球から一部地域が転移してくる。結果、これ以後に借用された語は地球由来現地由来問わず、原則借用接周辞が用いられる(ただし、借用語と認識されない語にはつかない)。

なお、一部地域では②発生の原則が強いため現在も2音節制限が強固にはたらいている。語源不明だった標準語の3、4音節語についても、ある程度は比較研究によって2音節以下の語に還元できることが判明している。
3音節以上の語源不明語は一度2音節以下になった語からなる複合語とみられており、今後の研究が待たれる解明はされない

……こんな感じですかね? 深層では二音節縛りがはたらいているけれど、表層では2音節になっていない、という仮説。あるいは。
 
 
 
「øpʰɜt'a語の話される帝国の伝説において、初代皇帝ゆかりの地(あるいは国教とされる宗教の教えで、重要なイベントが起こった場所)とされる地域では、二音節制限がはたらいていた。一種のナショナリズムとしてこの二音節制限言語を「真のøpʰɜt'a語」としていたため、帝国の言語研究でも二音節縛りがあるとされた」ということにしておいて、それとは違う標準語に二音節縛りはない……とするのもありかもしれません。

(棄却した案をまとめることで「権威(だけは)ある方言(話者は標準語には遠く及ばず)」を作ることができるかもしれない?)

(今回のは子音と違って、発端が私の提案由来ではなかったので少し口を挟みました)
(畳語構成要素ごと案は過去に言及なしなので完全賛成します)

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

連合帝国は選挙君主制&複首都制なんで、標準語以外にも非統制の共通語がいくつかあると思われる。また宮廷&官僚語、及び民衆語も然り。それ故、さざんかさんの言う「権威ある方言」は共通語ということになろう。

それはさりとて、音節数は4>3>2の減少方向が良いと思います。(古代語は4音節だったけれども、何らかの縛り圧力が働いて、殆どの語が3音節に、そしていくらかの変種では更に2音節なったというもの。なお共通語のうち半数ちょいが2音節、変種全体だと3音節ベースが過半。

※転移は世界発生と同時で、この世界と現界とで転移部を享有する。

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

とりあえず転移地域の地位については考察するとSFぽくなりそう(というか実際脳内でなった)なので一旦考えるのを諦めましょう。はい。

ひとまず、全体で共有される母音減少、考えようと思ってzpdic開いても「語末母音が脱落した」と「第一音節が脱落した」の二派閥がありそうな感じなので、色々な方言が混ざってカオスになっていて一般化はできなさそう(研究者泣かせ)です……(もちろん外来接周辞単語は判定から除いています)。

(2音節制限が発生した理由に関する仮説は記事に記載済)

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

一通り反映しました!
音節制約の起源を探ることで、øpʰɜt'a語の音変化の歴史もたぐれそうですね……!

たたむ
 
nsopikha profile image
ンソピハ

既存の記述だと「外来語においても固有名詞以外は2音節制約を受ける」とされていたので、一つ目の仮説の③でそれがなくなっているのが少し変な感じもします。これまでは「外来語の固有名詞も制約を受ける」という規則と借用接辞「ø- -a」が共存していたので、時系列がちょっといびつな気がしますが、別の方言を記述していたなど、なんらかの事情があるのでしょうね。

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna) • 編集済

あっ……たしかに。
ひとまずøpʰɜt'a語と同じ音節制限が他の言語にもあるというのはちょっと言語的におかしいので多分そう書いたのですが、これは修正した方がよさげですね。
というわけで2音節以下になるのはøpʰɜt'a語側の性質とすると、以下のようなストーリーが立てられそうです。

øpʰɜt'a語では単語や句を強調したい時に、「ø øpʰɜt'a a」といった感じで「強調したい部分をøとaで囲む(カッコ相当の表現と見られる)」(また、このカッコ相当のものが発展して、外来語(とみられる語)には必須の外来語接周辞としてつくようになった。(なお、外来接辞として用いる場合は格を示す接辞はこの外側につく。カッコとして用いる場合は場合による?))

日本人がスマートフォンをスマホと省略するように、øpʰɜt'a語話者も外来語の縮約を好む。この際、カッコ相当の接周辞を取り除くと3音節以下(外来語にも一部変種ではカッコ除いて上限が4音節かもしれない?詳細不明3音節の時点で二音節制約受けてないともいえる?)に収まる。

こんな感じですかね。2回以上入ってきた同じ単語が全然違う縮約のせいでøpʰɜt'a語内では同源と認識されない&別の意味で用いられているとかあったら面白いかもです。

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

お、いい案ですね!(接周辞の起源も気になっていましたが、括弧だったのか……! すごく面白いです)
反映いたしましたっ

たたむ
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

名詞の格は一般に接尾辞(接尾語)で表されるが、属格だけは特殊で接尾辞(接尾語)を用いるパターンと、「前置詞+斜格」で表されるパターンの計2つがある。

後者はほとんどの場合、複合語中でのみ見られる。おそらく、属格語尾の後ろに他の格語尾をつけることができないために用いられる方式であると考えられる。

たたむ
 
nsopikha profile image
ンソピハ

反映いたしました。ここでついに前置詞の登場ですね……!

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

この言語の場合前置詞じゃなくて後置詞っぽそう?

たたむ
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

複合語では属格を前置詞で表した方がいいのではと思った理由は、二重格標識を避けるべきではと考えたからですね。

例として、仮に属格が接尾辞(後置詞)で「足-人-の」という複合語があったとすると「足-人-の-を」とか「足-人-の-に」みたいになってしまう点に違和感が強いからですね……(後置詞も前置詞もあるという記事の記述からありかな、と)

あるいは、地名以外でも複合語の属格語尾は削除されるとするという方法もありますが、佐藤さんが属格省略を地名限定にこだわっているとお見受けしたため前置詞案を出しました。

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

属格縮約説

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

縮約……それなら属格語尾と「もの」という名詞が同源(足-私のもの、みたいな)方向性とかですかね?これなら後ろに格の接尾辞つけても違和感ないですし。

まあ、こうするなら
1.被修飾語と属格相当名詞(すべて?のうち最後のもの?)を格一致させる
2.属格が後続した場合、被修飾語が斜格化&最後の属格名詞の後に格情報が移動
のどちらかが同時にあると自然そうだと思います。

……これは属格というより「属格相当表現」が近いかもですが。

(前置詞属格は英語圏由来のところに押し付けます?)

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

かつ、もともと属格は無標だった(あるいは時代とともにつぶれた)ために、現代では地名レベルの固有名詞では完全消失。

代替表現としての同格的属格「〜のもの」が発生した。仮説?
(「足-私を」的縮約なら違和感覚える一方「足-私のものを」なら違和感ほぼないので)

……途中から普通の属格混ぜてますね。
複合語属格に限るなら「縮約」は
1.地名と同様の「格が落ちる」現象が発生する
2.複合語に限り斜角と属格が同形になって屈折語化(記事記載の膠着語と矛盾)
3.二重属格(これは一番違和感)
1を避けるとすると、個人的には残りが微妙すぎると判断します。

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

ふーむ、夕方退勤してから詳しく考えるとしますか...

スレッド スレッド
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花 • 編集済

というか、

「足-人-の-を」とか「足-人-の-に」

これ、括弧入れて

「(足-(人-の))-を」とか「(足-(人-の))-に」

と考えれば自然やない?(比較するのが妥当かは知らんがプログラミング言語の構文でもよくある構造(やや逆ポーランド記法ぽさな雰囲気)

むしろ、被修飾名詞がアラインメントとの関係で前に出たという見方がいけそう

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

前提を覆して申し訳ないのですが、例えば地名でも「Saintes-Maries-de-la-Mer」など属格を含む都市名が現実にある以上、件の地名については少なくとも「薔薇の城」ではなく直訳(あくまでも直訳)は「薔薇城」と解釈した方がいいかもしれませんというのが一点。

それと検索AIに「後置詞&属格後置」の語順を持つ言語を聞いてみたら(OVS語順のデータ自体ほぼない&2021年時点のデータなのでこれだけで断定するのは危険ですが)「ない」と返されてしまったので……複合語中の属格の処理としては属格語尾までを複合語とするとかすれば何とかなるかもしれません?(二重格語尾の発生とか、個人的意見としては語源意識的を考慮すると不自然感は否めないと考えますが)

例文「私は「ステラおばさんのクッキー」を食べる」

私-は 「クッキー-おばさん-の-ステラ-の(あるいは「ステラ-的(形容詞扱い)-おばさん-の」)」-を 食べる 主語話題助動詞 φ(「私は」の元位置)(話題文頭移動強制による)

※ただし、この鍵括弧は便宜的なものであり、括弧相当表現の「ö ~ a」は(必須になり語の一部となった)外来語とは異なりあまり用いられない

まあそもそも、音韻もところどころあれですし文法もあれになってもいい感じならそもそも気にするところではなかったかもしれませんが()

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

???語は固有文字体系??文字と、ラテン字の二種が併用されていると推定されるであろう。??文字は、ジャウィ文字やカウィ文字に似たアブギダであろうと考察される。

ラテン字正書法や??文字グリフを作ってくださる有志を待ち望むところである。

たたむ
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

今度も長くなってしまいましたが、文字体系(アルファベット)とそれに付随する音韻や音節などの問題についてひとまず考えてみました(もちろん全て仮説です)。

1.子音字綴りの原則
/p b t d k g f v s z h m n r l j/はそのままアルファベットを流用するものとする。

帯気破裂音→左からph、th、kh
放出音→左からpq、tq、kq
声門無声破裂音→q
無声破裂音に声門音が続いた場合、hなら帯気破裂音、q(ʔ)なら放出音となる。
(おまけ:帯気破裂音と放出音は、母音脱落によって無声破裂音に声門音が後続した際に生まれた音素とする説があり、これはそれ以前から提唱されていた「子音体系は単純化した」とする仮説とは逆に複雑化したとする仮説である)

軟口蓋鼻音はng。ただし、直後に母音が続いた場合は必ず/ŋg/と発音される。
↑条件異音の報告事例
破擦音→左からpf、ts、tsh、gh。tsが後部歯茎音である点に注意。
弾き音→左からvh、rh。
両唇接近音はbv(ただし音節構造のXに該当する場合はvと書かれる)。
二重調音はɡ͡b→gb w→w ɥ→jw

なお、長子音は(最も手前の)子音字を二文字連続で続けて書くことで実現する。
øtʰokkʰaa→öthokkhaa(母音については後述)

2.子音字と音節構造の関係
基本的に、一文字で音節構造のC(またはX)一文字分に相当する。
ただし、弾き音及びng(軟口蓋鼻音)は全体で音節構造のC一文字分に相当する。
枠外の二重調音についても、すべてC一文字分に相当する。
例外的に、破擦音は全体で音節構造のC二文字分に相当する(それでも、語末では一文字分として扱われる)。
これらの原則は、一語の中であれば音節境界を越えて適用される。

なお、Xになれるのは半母音/j w ɥ β(表中では記号つき)/つまり綴り字上はj、jw、w、v(Cとして用いられる場合はbvと書かれる)の四種類のみ。これらの子音は同じ音節内で直前に子音を持たない場合、Cとして扱われる(その場合βについてはbvと綴られる)。

結果として、「b以外の任意のC」+/v/と「b以外の任意のC」+/β/の区別が綴り字上からはつかなくなる。よって、一部の状況下ではこの二音は自由異音の関係にあるとする仮説もある(ただし二重調音の/w/はこの状況下でもまぎれもなく区別がなされている)。

3.母音の表記
母音は/aeiyou/についてはそのまま表記される。一方、残りの母音/ɜ/にはë、/ø/にはöが割り当てられている。しかし、ウムラウトを省略して書かれることも多々ある。
また、別の方言で見られる/ɪ̈/と/ɯ̽/もそれぞれïとüで綴られているが、同様にウムラウトなしの場合も見られる(なお、この方言でウムラウトなしの場合のiやIの綴り方はトルコ語的なものではなく、英語的なものである)。
ウムラウトの省略については書き手によって差異がある。ウムラウト対立を全て書くor書かない、あるいは「書かないと紛らわしい場合のみ書く(母音が似ている)」など様々である。これは多様な方言変種が現に存在しているöphëtqa(ophetqa)/øpʰɜt'a/語の綴り字体系が、その言語同様に完全には体系化されていないことの現れであるといえる。もし国語教育があるのであれば、おそらくウムラウトつきで書くのが正書法なのでしょうが。
なお、長母音については同じ母音字を二回連続させる(øtʰokkʰaa→öthokkhaa)。

4.借用接周辞関連での長母音の補足
借用接周辞/ø- -a/などは、単独の場合øpʰɜt'a語の音節体系を壊すことはない。ただし、この接辞によって例えば母音字が三連続するなどした場合は、これらの接辞とその内側との境界に声門破裂音q/ʔ/が置かれる。

長々と失礼しました。

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花 • 編集済

音節構造中、任意出現とされている部分の子音と母音は、この言語に存在する子音と母音のうち一部制約を持つ

また、半母音として存在できる音は、ここで言明した通り、接近音の中でも両唇接近音 /β̞/及び両唇硬口蓋接近音 /ɥ/ (二重調音)の2音のみであることに留意。その他の接近音は単なる子音である。子音・半母音・母音は互いに素であり、一の音が複数に区分されることはない。

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

さざんかさんのコメントをベースに、佐藤さんの返信も考慮して、一通り反映いたしました!
まだラテン文字表記は「仮説」とのことでしたので、定説になるまでは音素表記で頑張ります(笑)
ついに異音についての報告も来ましたね!
表記もできるようになりそうですし、楽しみです。

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

あっ普通に見落としていました……。補足感謝です。
(綴り字の個人的雑感としては、特に/v w β/周りの考察がまだ足りないかな、という感じです)

たたむ
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna)

今日も長文失礼します。

1.ハーチェクの採用→アポストロフィを「分離記号」に転用する案
不定人称として/vⱱβ̞uuw/という単語が提案されているのですが、現状ではvvhwuuwhという綴り字が/ⱱⱱβ̞uuw/という発音になってしまい、再現できないので「アポストロフィを分離記号とすればよいのでは」と思いました(他の部分とは違い放出音だけ表記のパターンが四種類並んでいるのはカオスなので)(なお、未確定なのでakrantiainにこの変更はまだ加えておりません)。

2.語頭でも子音の長短の区別がある
同じく不定人称として/rrɥyyr/(/rrɥy:r/)が提案されているので、語頭においても子音(少なくとも/r/)に長短の区別があるのでは、とする案です。

3.öphëtqa語的でない語形(/m/と/r/)の解釈
二人称単数代名詞の/m/と三人称双数中性の/r/がöphëtqa語で認められない音節構造になっている(一つは母音が必須)のでそれぞれ/mu/と/ru/にするという提案を出しておきます。
あるいは、接辞等がつかない場合だけゼロ母音対策として/u/(あるいは何らかの母音/V/)が付け加えられ、接辞によって音節上問題なくなった場合は/V/は脱落するという方法もあるかもです(こちらの方が既に記述されている点との整合性は高いと思われます)。

4.中性代名詞(というか三人称代名詞)の用法
モノ(性別がない)は中性のみ使用可能。人間に関しても中性代名詞で受けることが可能だが、男女が混ざっている状況で使われることが多い。
ペットなど動物は、雌雄を区別したい場合は男性や女性の代名詞を使うが、区別しない場合は中性代名詞で受ける。

5.方言にしか出現しない母音の標準語における地位
ïやüで綴られる、方言限定の音素として/ï/と/ɯ̽/がありますが、こちらは標準語においては原則として/i/や/u/といった母音に対応している(また、余程のことがない限りウムラウトつき文字で綴られることはない)という案を提出します。

6.綴り字上の語頭のゼロ子音と声門破裂音の対立について
どちらも発音上区別されないことは決まったが、特別にqやcなどが語頭に綴られることで形態的には区別されるのだろうか?
(例えば、aというゼロ子音語に接頭辞nu-(既出)がつくとnwaとなるが、qaという単語なら発音上区別されなくても接辞をつけるとnuqaとなるのか、という点。私個人としては区別するに一票)

7.記事リンクの話(昨夜の続き)
リンク貼っていただいて大丈夫です(というか公開しました)。あとzpdicのリンクも(記事中にもありますが)貼っておきます(こちらも公開設定にしました)。

たたむ
 
rain_sailen profile image
rain sailen • 編集済

括弧でくくられていない子音・母音でも、一方はゼロ子音・ゼロ母音になることができます。

って書いてあるので(C)C(X)V(V)(C)(C)= ∅r∅∅∅∅∅と解釈しましたがøpʰɜtʼa語的におかしいですかね?

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花

大まかな理解としてはそれで正しいですね。なお、カッコで括られてる音要素において無音であるものは、音韻論上表示されないので、r∅となります(他の語でも任意部の音の扱いは同様で、ミスが散見される)。

たたむ
 
nsopikha profile image
ンソピハ

あー、、たぶんおかしくはなさそうですね(「補遺」からこのくだりは削除しときます)

スレッド スレッド
 
sazankaiueo profile image
さざんか(Cada Endefluhna) • 編集済

ゼロ母音……原因がわかりました(正直に言うと間違いなく私のミスがもとです。ごめんなさい)。全くおかしくないです。はい。
一点、私がコメントで接頭辞として「nu(後ろがゼロ母音の時はnw)(対格語尾由来)」を上げてますが、この「ゼロ母音」は「ゼロ子音」の誤植です(過去の研究に誤植が見つかるパターン)。

ひとまず、ゼロ母音は認められたものとして。
ただ、二音節縛りだと最大で/(C)C(X)V(V)C.(C)C(X)V(V)(C)/すなわち/CCX∅C.CCX∅C/……例えば/pʰt'∅kp't∅kʰ/という発音が難しいほぼ子音の塊みたいな二音節(?)単語が理論上生えてきますし。

今のところ/m/と/r/だけなのを踏まえて、「共鳴子音(はじき音や(側面)接近音、ふるえ音、鼻音などIPAで有声無声の対立が別文字で定義されていない音)を主子音に持つ音節のみゼロ子音が認められる」と制限をかけておいた方がいいかと思います(場合によっては「主子音または半母音」としてもよいかもですが)。
母音も共鳴音なので「音節形成には1つ以上の共鳴音が必須」としておくと発音問題も解消するので落としどころかな、と思います。
(CV/gu/とCCV/gw∅/の対立はともかく、この共鳴音が半母音XでもよいCXV/gβ∅/のか問題は残りますが)

また「昔は開音節だった」仮説に(特定条件下で)完全消失した(ゼロ母音化した)母音があった(特定条件以外では残っている1種類以上の母音かもしれないし、完全消失したかも)といった仮説を加えた方がよさげですね……。

スレッド スレッド
 
nsopikha profile image
ンソピハ

反映しました!
共鳴音が必須とされたことで、少しは発音が楽になりそうですね……(安心安心笑)

たたむ
 
nsopikha profile image
ンソピハ

記事編集いたしました!
「øpʰɜt'a語綴り字関連メモ」とZpDICの辞書のリンクも張りました。すごくきれいにまとめられてますね……。この記事だけだとまとめきれないところもありそうなので、ありがたいです。執筆お疲れさまです!

たたむ
 
halka_ffez profile image
佐藤陽花 • 編集済

時制は語彙として存在する。相は時制へ接する。性による語形変化はしない。態は接頭辞、法は後置詞、格は接尾語で表される。敬語は語尾や語彙で表現する。
主題マーカがつく主題名詞がある場合、対応する動詞に焦点マーカ(接頭辞又は接尾辞)が付き焦点分詞形となる。