Migdal

ツナホシ
ツナホシ

投稿 • に更新

クラトニ語の文法 文字発音

どうも、ツナホシです。
この記事ではクラトニ語の文字とその発音について書いていきます。

文字

クラトニ語では25種類の独自の文字(クラトニ文字)といくつかの約物を使用します。また、その文字はアルファベットに分類される表音文字です。
クラトニ文字で母音を表す文字のみ、語頭で大文字になります。
以下はその文字の一覧です。

kuratoni_letters.png

上段は左からa,e,i,u,o,vの大文字と小文字

中段は左からk,t,p,f,h,x,s,w,yの小文字

下段は左からb,m,n,d,g,r,c,q,z,jの小文字になっています。

フォントはこちらです。

また、単語と単語の間にはスペースを入れます。

発音

クラトニ語で使用される発音は日本語の発音をベースにいくつかの音を加えたり外したりして決められました。
qは日本語の促音を表し、cは日本語の撥音を表します。
また日本語に無い音としてvがあります。
以下はその文字と発音の対応表です。

前舌 中舌 後舌
i[i] u[ɯ]
半狭
e[e̞] v[ə]※1 o[o̞]
半広
a[ä]
両唇音 唇歯音 歯音 歯茎音 後部歯茎音 そり舌音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音 咽頭音 声門音
破裂音 p[p],b[b] t[t],d[d] k[k],g[g] q[ʔ]
鼻音 m[m] n[n] c[ɴ]
摩擦音 f[ɸ]※2 s[s],z[z] h[ç]※3 h[h]
接近音 w[β̞] r[ɹ] y[j]
破擦音 t[t͡s]※4,z[d͡z]※5 t[t͡ʃ]※6,j[d͡ʒ]
その他記号
x[ɕ]

※1 発音されないこともあります。

※2 無声唇歯摩擦音で発音してもよい。

※3 後ろの母音が i である場合のみ。

※4 後ろの母音が u である場合のみ。

※5 語頭か、前の子音が c か q である場合のみ。

※6 後ろの母音が i である場合のみ。

子音連続

クラトニ語ではたいてい子音連続が起こることはありません。
しかしcqはそれ自身で1音節とみなされるためその後ろに子音がある場合に子音が連続します。

音挿入

iuの後ろに他の母音が隣接している場合、その母音の前にywを入れて発音することがよくあります。(boriasuなど)この場合スペルに変化はありません。

アクセント

この言語ではアクセントについて特に決まりがあるわけではありませんが、2音節目に置かれることが多いです。

人気順のコメント(0)