Migdal

[Poem/Song] A Peaceful Day

Mikara-kuna geda pila
Suntamo-a-buren garan
Ina-er, misi, neri-a-pare
Do kisilo-ane da

Giruga min-iz ku-dura-ye
Pare-zi bera-kine
Aruga-a-sigirata-a-uta-er
Wari-kine tera-er?

Kayaon-a-bise ti tereza-li-an-te
Ganaki-kiye miriba
Zaruma ti teyan-da-n-te
Nuye-a-tuye-er iteye i binoa

Ki yangede-zi
Maru-sin-tan ya
Zon gede-zi
Maru-para-kine?

Yan-te suru-kine mi
Kuguru-a-zindeo wante-gi-ya pan maru-maru.

Tu iz ti bada-ki-ran piride-wa
Kaye do-n mese daneza
Pigiri-n-an gavilan-ta
Kaye tutule tutul-a-bade

Teruza-er
Gin gi-saruna
Gur guran
Dan senize-wa

Mi sina, kerenahin
Tosa di talo-a-n-urudir-er

Tulzan ti kaye teruzi da-ye
Isera-te pirise hadima-ye

Zon gede-yer
Giruga natar-ya
Gede-a-munan
Ku-dura-kine

Mi zaram-zaram-ya
Gede-ya-gede-zi do teleya-kine


目覚めれば日は高く昇って
灰色の雲が流れていく
雨の前の湿った空気のなかで
わたしは茫然と佇む

もうすぐ嵐が来て
雨を降らすだろう
恐ろしい灰色の世界の中で
わたしはどこに隠れようか

言葉にならなかった歌のかけらが
灰のように積もっていく
形にならなかった夢たちが
胸の奥で溶けて沈んでいく

今日という日を
書き終えて
明日という日を
書きはじめられるだろうか

少しでも前へ進もうと
限りある緋色のインクで書き続ける

今まで生きてきた時間に意味があるというなら
私はもっと強くなりたい
鎖から解き放たれて
いのちの歌を歌いたい

幾千の
わたしのことばの中で
ひとつでも
歴史に刻まれればいい

そう思って、凍えながら
果てしない沼地の中を這って進む

伝えたい物語があるから
かすかな希望にかける価値があるから

明日には
嵐が去って
穏やかな日が
訪れるだろう

そう信じ続けて
わたしは一日一日を過ごそう

人気順のコメント(1)

Collapse
 
a_i profile image
A.I.

リンクの代わりに以下のように書くと動画がそのままページ内に表示されると思いますが、どうでしょうか。

{% embed https://youtu.be/YB5362x3_8U %}
Enter fullscreen mode Exit fullscreen mode